【wimax2+ギガ放題】モバイルルーターの無制限プランで注意すべきポイントを徹底解説!

【wimax2+ギガ放題】モバイルルーターの無制限プランで注意すべきポイントを徹底解説!

通信量が無制限で、通信速度も早いことで大人気のwimax2+

そんなwimax2+のギガ放題についてまとめました。

 

  • ギガ放題は本当に無制限なのか?
  • 月7GBを超えた場合にどうなる?
  • 3日で10GBを超えた場合は?

というポイントについて徹底解説します!

 

またwimax2+の実際の通信速度の測定結果・一番オトクなプロバイダー・プランもご紹介していきます。

 

 

wimax2+(モバイルルーター)のギガ放題プランを徹底解説!

wimax2+(モバイルルーター)のギガ放題プランを徹底解説!

wimax2+のプランは2種類

wimax2+の料金プランは「ギガ放題プラン」と「月7GBプラン」の2種類があります。

 

① wimax2+のギガ放題プラン

多くのwimax2+ユーザが利用するのがギガ放題プランです。

その名の通り 毎月の利用できるデータ容量の上限が無制限のプランです。

 

wimax2+ギガ放題プランの月額料金

ギガ放題プランの月額料金は

3,250〜4,380円/月

となります。

※プロバイダー・契約期間によって変動します

 

wimax2+ギガ放題プランの通信速度制限

容量無制限のギガ放題プランですが、実は2つだけ注意点(例外)があります。

 

ギガ放題プランの注意点①「3日で10GB」

1つ目の注意点が3日間で10GBを超えた場合に通信速度制限がかかることです。

 

具体的な通信速度制限の内容は

  • 速度制限後の通信速度(最大値):約1Mbps
  • 速度制限がかかる時間帯:18時〜翌朝2時頃

となります。

3日間で10GBを超えても日中時間帯には通信制限がかからないのは嬉しいポイントですね。

 

ギガ放題プランの注意点②「一度でも4G LTEを利用すると月7GB制限」

もう1つの注意点が4G LTEの通信を1度でも利用した月は月7GBまでしか利用できないことです。

せっかくギガ放題プランを契約していても(たった一瞬だけ4G LTE通信をしただけで)月7GB制限がかかってしまいますので、ギガ放題プランを利用している場合には4G LTEは利用しないように気をつけましょう。

 

※モバイルルーターの設定で「ハイスピードプラスエリアモード」を選択すると4G LTEで通信をしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

② wimax2+の月7GBプラン(通常プラン)

毎月のデータ通信量が7GBを超えない場合にはギガ放題プランより月額料金が安い「月7GBプラン」を利用するようにしましょう。

また(3年以上のプランであれば無料で利用できる)4G LTEを利用した通信も利用できるのでwimax2+が圏外のエリアでも高速通信をすることができます

 

月7GBプランの月額料金

月7GBプランの場合にはギガ放題プランよりも月額料金が600円ほど安くなるのも嬉しいポイントです。

実際には契約するプロバイダーや契約期間によって料金が変わりますので、各プロバイダーの公式サイトでしっかり確認するようにしましょう。

 

月7GBプランの通信速度制限

月7GB(通常プラン)の通信速度制限は1つだけです。

 

月7GBプランの注意点①「月7GB」

1つ目は毎月7GBを超えた場合には通信速度制限がかかることです。

通信速度制限がかかった後の通信速度は128kbpsに制限されますので1ヶ月に7GB以上利用する可能性がある場合には「ギガ放題プラン」を契約するようにしましょう。

128kbpsというのは… 格安SIMの一番遅い通信速度(平日昼間の1時間)よりも更に遅い通信速度で遅すぎて使い物にならないレベルです。

 

どちらのプランでも通信速度は同じ

「ギガ放題プラン」でも「月7GBプラン(通常プラン)」でも(通信速度制限がかかっていない間の)通信速度は同じです。

wimax2+の通信速度は?

(24時間速度調査グラフ)

 

WiMAXを一番オトクに契約するために知っておきたい5つのこと

WiMAXを一番オトクに契約するために知っておきたい5つのこと

 

ポイント

  • どの会社のWiMAXでもエリア・通信速度は全く同じ
  • 通常プランは月7GBを超えると128kbpsの超低速になる!
  • キャッシュバックは受け取れない人が半数以上!月額割が安心
  • 2年で解約しても3年契約の方が安いパターンもある!

 

 

① どの会社でもエリア・電波の強さは全く同じ

UQ WiMAX, GMOとくとくBB, broad WiMAX, nifty WiMAX, biglobe WiMAX, so-net WiMAXなど様々な会社(プロバイダー)からWiMAXサービスが提供されていますが、どのプロバイダーでWiMAXを契約してもエリア・通信速度は完全に同じになります。

そのため、

  • 月額料金の安さ
  • 特典・キャッシュバックのお得さ
  • 解約条件のゆるさ

といったポイントに注意してプロバイダーを選ぶようにしましょう!

 

 

② ギガ放題 or 7GBプラン - 生活スタイルに合わせて判断しましょう!

ほとんどのWiMAXプロバイダーから

  • ギガ放題(無制限)プラン
  • 月7GB(通常)プラン

の2種類のプランが用意されています。

 

「通常プラン」の方が「ギガ放題プラン」よりも月額料金が600円前後安くなる傾向にありますので 月に7GBも絶対に使わないという場合には通常プランを選んだほうがお得です。

 

ただし、月7GBの通常プランを契約した場合には7GBを超えると(翌月まで)128kbpsという超低速通信になってしまうことに注意が必要です。

そのため「もしかすると7GBを超えてしまうかも?」という方は(容量無制限の)ギガ放題プランを選ぶのが正解となります。

 

③ キャッシュバック or 月額割 - お得なのはどっち?

WiMAXプロバイダーごとに

  • 一定期間後に現金キャッシュバック
  • 毎月の利用料金を割引する月額割(ただしキャッシュバックはなし)

という2種類のキャンペーン(両方、またはどちらかのみ)を提供しています。

この2つのキャンペーン 一体どちらがお得なのでしょうか? 

キャッシュバック or 月額割は以下の2つのポイントで判断するようにしましょう。

 

 

【判断ポイント①】7ヶ月後までに解約する可能性がある場合には「月額割」がお得!

キャッシュバックを選んだ場合に「キャッシュバック申請用のメール」が到着するのは8〜11ヶ月後になります。※期間はプロバイダーによって異なります

そのため、利用開始〜(利用開始の翌月を1ヶ月目として)7ヶ月後までに解約する場合にはキャッシュバックを受け取ることができない可能性が高いことに注意しましょう。

 

 

【判断ポイント②】キャッシュバックの「受け取り忘れ」は5割以上!

キャッシュバックを選んだ人の半数以上が実はキャッシュバックを受け取れていないことをご存知でしょうか?

 

正式な数字は公開されていませんが、編集部で利用者からアンケート調査を実施したところ半数以上のWiMAXユーザー

  • キャッシュバックを選んで契約した
  • キャッシュバック申請用のメールを(他の営業メールに埋もれて)見落としてしまい申請期限を過ぎてしまったため…結果としてキャッシュバックを受け取れなかった

と回答しました。

そのため契約開始時に(後で忘れてしまわないように)カレンダーに印をつけておくくらい入念に準備をしておかないとキャッシュバックを受け取ることは出来ないと考えておいたほうが無難です。

 

そこまではしたくない(できない)という方はどんなに高額のキャッシュバックであっても受け取れなければ意味はありませんので、キャッシュバックではなく月額割を選ぶようにしましょう。

 

 

【判断ポイントまとめ】月額割が安心!しっかりさんならキャッシュバックもあり!

ポイントをまとめると…

  • 必ず7ヶ月以上継続利用する
  • キャッシュバックのメールは絶対に見落とさない自信がある

という方はキャッシュバックを、そうでない方は月額割を利用するのがオススメです✨

 

 

④ 2年 or 3年 - 契約期間よりも月額料金の方が大事!

WiMAXを契約しようとすると、2年契約・3年契約(一部のプロバイダーでは4年契約)から選ぶ必要があります。

「解約違約金を安くしたいので、2年契約にしておいた方がいいのでは?」

「3年契約にした方が毎月の料金が安くなるのでは?」

と色々と考えてしまいますが 実はどちらの考えも正しくないことをご存知でしょうか?

 

ここからはWiMAXを一番お得に利用するために大事なポイントを確認していきましょう!

 

 

【結論】一番オトクなWiMAXプロバイダー・プランはココ!

【結論】一番オトクなwimaxプロバイダー・プランはココ!

料金・サポート・機種など6つのポイントで比較して、一番オトクなWiMAXプロバイダーを見つけていきましょう。

総額で最安値

キャッシュバックが高額

しっかりサポート

SIMだけ契約可能

WiMAXをレンタルする

機種でWiMAXを選ぶ

 

 

 

 

-料金プラン

© 2021 WiMAX比較マスター編集部