【徹底解説】iPhoneのeSIMで国内でも2回線利用ができる!

【徹底解説】iPhoneのeSIMで国内でも2回線利用ができる!

更新日:

iPhone XS, XRから搭載されたeSIM

通常のSIMカードスロットに加えて、iPhone本体に内臓されたeSIMを利用することで

2回線(2SIM)を同時に利用することができるようになります。

 

Android端末では以前からあったDSDS(Dual SIM, Dual Standby)と同じ機能ですが、iPhoneではeSIMを利用しているため、SIMカードスロットが1つしかないのにDSDSを利用することができるのが大きな特徴です。

 

iPhoneXS, XRの発売当初から話題になったeSIMですが、いままでずっと日本国内ではeSIMのサービスが提供されていませんでした。

そんな中… 当編集部内でも大人気の格安SIM「IIJmio」から日本国内初のeSIMサービスが2019年7月18日に開始されました!

そこで 当編集部でもIIJmioのeSIMを実際に利用してみましたので、その結果を公開させていただきます。

【期間限定】
いまなら人気スマホが
音声SIMとセットで大特価999円~

IIJmio公式サイト

 

 

 

記事コンテンツ

【日本初のeSIM】IIJmioのeSIMプランを徹底解説!

現時点ではベータ版という位置づけのIIJmioのeSIM

具体的なスペックを確認していきましょう。

 

 

① eSIMの対応回線

IIJmioのeSIMの対応回線は「ドコモ回線」のみです。

 

IIJmioから提供されている通常のSIMカードタイプでは

  • タイプD(ドコモ回線)
  • タイプA(au回線)

の2つを選ぶことができますが、現在提供されているeSIMはドコモ回線のみ対応しています。

 

 

② eSIMの料金プラン

現時点で提供されているプランは

データ通信専用プラン(SMS非対応)6GB/月

のみで、月額料金は1,520円となります。

 

ただし、基本の6GB/月のプランに増量オプションとして

  • +20GB(3,100円/月)
  • +30GB(5,000円/月)

の2種類(または両方とも)を追加することも可能です。

 

また初期費用として

  • 初期費用:3,000円
  • eSIM発行手数料:200円

が契約時に必要となります。

 

 

③ 最低利用期間・解約条件は?

IIJmioのeSIMの利用条件は

  • 最低利用期間:契約日の翌月末まで(最大2ヶ月)
  • 解約条件:なし(無料)

となっています。

 

実際に一度eSIMを利用してみてから「継続利用するかどうか判断したい」という場合でも、2ヶ月利用すれば解約違約金なしに解約することができるのは嬉しいポイントです。

 

 

④ IIJmioのeSIMの通信速度は?

ドコモ回線を利用するIIJmioのeSIMの通信速度は、IIJmioから提供されているタイプDのSIMカードを利用したときと全く同じ通信速度になります。※IIJmioに直接確認して回答をもらっています

 

格安SIMマスター編集部では毎月、格安SIM各社の都内での通信速度を測定していますが、IIJmio(タイプD)の通信速度は

  • (通信速度が一番遅くなる平日昼間12〜13時でも)3Mbps前後の通信速度がでている(Youtube動画を観ていても固まらずに普通に視聴できる速度です)

ことを確認しています。

 

  • 大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約しているSIMカードを持っている
  • 普段はなるべく安価なIIJmioのeSIMを利用して通信費を安く抑えたい

という方にはIIJmioのeSIMを強力にオススメしたいです!

【期間限定】
いまなら人気スマホが
音声SIMとセットで大特価999円~

IIJmio公式サイト

 

 

eSIMを利用するメリットは?

iPhoneXS, XR, 11, 11Pro, 11Pro Maxには元々SIMカードスロットが1つあるので、

  • 【通常SIM】大手キャリアのSIMカードを使い続ける(電話・SNSはこちらをそのまま利用する)
  • 【eSIM】IIJmioの格安プランを利用することで毎月のデータ通信料金を節約する

という使い方にピッタリはまります。

 

ここからは、実際にドコモ・au・ソフトバンクの大容量プランとIIJmioのeSIMの大容量プランでどのくらい月額料金が変わるのか実際に確認していきましょう。

 

 

IIJmioのeSIMで月額料金はどのくらい安くなる?

 

「ドコモ・au・ソフトバンクを今まで通り契約し続ける」よりも

「ドコモ・au・ソフトバンクの契約を最低容量プラン(1GBなど)に変更」&「IIJmioのeSIMも同時契約する」方が、

トータルの通信費が約30%安くなるケースも!(上のケースなら年間で2万円近くの通信費を節約することができます)

 

iPhoneXS, XR, 及び11シリーズでないと利用することができないというのが残念なポイントですが、逆にいうとiPhoneXS, XR以上を持っている方なら利用しないともったいないレベルでeSIM オススメです!

 

こちらのIIJmioのeSIMは

  • 最低利用期間:契約日の翌月末まで
  • 解約違約金:なし(無料)

という条件になっていますので、まずは実際に使ってみて通信費がどのくらい安くなるかを自分で確認することができるのも嬉しいポイントです。

【期間限定】
いまなら人気スマホが
音声SIMとセットで大特価999円~

IIJmio公式サイト

 

 

【超簡単】eSIMの契約はネットで10分で完了!すぐ使える✨

eSIMの申込み方法は、通常のSIMカードの申込みよりずっと簡単・早いです。

 

 

こちらからIIJmioの公式サイトへ

① こちらからIIJmioの公式サイトへ

「eSIMの申込み」を選択します。

 

② IIJmioを初めて利用する方は左側をクリックします

② IIJmioを初めて利用する方は左側をクリックします

③ 注意事項をよく確認してから「次へ」を選択します

③ 注意事項をよく確認してから「次へ」を選択します

④ 大容量オプション・追加オプションを選んで「次へ」を選択します

④ 大容量オプション・追加オプションを選んで「次へ」を選択します

④ 大容量オプション・追加オプションを選んで「次へ」を選択します

⑤ 基本情報(氏名・生年月日・住所・電話番号など)を入力します

⑤ 基本情報(氏名・生年月日・住所・電話番号など)を入力します

⑥ 利用者を選択します

⑥ 利用者を選択します

⑦ 利用料金・注意事項を確認して「この内容で申し込む」を選択します

⑦ 利用料金・注意事項を確認して「この内容で申し込む」を選択します

⑦ 利用料金・注意事項を確認して「この内容で申し込む」を選択します

⑧ この画面が表示されれば申し込み完了です

⑧ この画面が表示されれば申し込み完了です

⑨ 登録したメールアドレス宛に「利用開始のお知らせ」が到着

⑨ 登録したメールアドレス宛に「利用開始のお知らせ」が到着

編集部で申し込みをした際には、WEBで登録完了してから4分後に上のメールが到着しました

 

青い矢印部分のURLをクリックします。(※ここから先はスマホからではなくPC/タブレットで手続きを続けることをオススメします)

 

⑩ アクティベーションコードの確認

⑩ アクティベーションコードの確認

左側の「選択して下さい」の部分で選択することができるのは1つだけ(選択肢がない)ですので、表示された英数字を選択して、「決定」をクリックしましょう。

 

⑪ QRコードが表示されたら ⇒ スマホ側の設定をする

⑪ 2次元バーコードが表示されたら ⇒ スマホ側の設定をする

上の画像のようなQRコードが表示されたら、(表示画面はそのままにして)次はスマホ(iPhone)側を設定していきましょう。

 

⑫ iPhoneの「設定」⇒「モバイル通信」を選択

⑫ iPhoneの「設定」⇒「モバイル通信」を選択

 

⑬ 「モバイル通信プランを追加」を選択

⑬ 「モバイル通信プランを追加」を選択

⑭ カメラが自動起動されますので、先程PCで表示されていたQRコードを読み取ります

⑭ カメラが自動起動されますので、先程PCで表示されていたバーコードを読み取ります

⑮ QRコードを読み取り後の画面で「モバイル通信プランを追加」を選択

⑮ QRコードを読み取り後の画面で「モバイル通信プランを追加」を選択

⑯ 名称を変更することもできます

⑯ 名称を変更することもできます

自動的に

  • 元々利用していたSIMカード ⇒ 主回線
  • 今回設定したeSIM ⇒ 副回線

と設定されていますが、四角で囲った部分をタップすることで「自分の好きな文字」に変更することもできます。

 

⑰ 「続ける」をタップします

⑰ 「続ける」をタップします

上の例では

  • SIMカード ⇒ ドコモ回線
  • eSIM ⇒ IIJmio eSIM

と名称変更しました。

そして「続ける」をタップします。

 

 

⑱ 2つのSIMの役割分担を選択します

⑱ 2つのSIMの役割分担を選択します

一体どれを選択すればいいのか悩んでしまうと思いますが、

  • 元々利用していたSIMカード ⇒ 電話の発着信・SMSの送受信
  • eSIM ⇒ データ通信系は全てこちら(emailも含む)

という利用が一般的だと思いますので、この場合には以下のように設定します。

⑱ 2つのSIMの役割分担を選択します

このように設定することでデータ量を消費する「モバイルデータ通信」は全てeSIM側で行うことができます。

 

⑲ 設定内容を確認する

⑲ 設定内容を確認する

「モバイル通信」の画面で、

  • モバイルデータ通信 ⇒ 副回線(※上の例ではIIJmio eSIM)
  • デフォルトの音声回線 ⇒ 主回線(※上の例ではドコモ回線)

と表示されていれば設定は成功です。

 

 

人気のIIJmioからeSIMプラン登場✨

IIJmioみおふぉん(eSIM)

【IIJmioの良いところ】

  • 通信速度が格安SIMの中でも速い!(※格安SIMマスター編集部調査)
  • 利用者の満足度が高い

【IIJmioの残念なところ】

  • アフターサポートの満足度が低い

インターネット大手のIIJが提供するIIJmioは利用者の総合満足度の高さ、通信速度が安定して早いことで格安SIMの中でもとても評判がいい格安SIMです。

(通常SIMであれば)ドコモ回線とau回線から選べるのもポイントで、IIJmioは格安SIMマスター編集部内でも一番人気の格安SIMです。※eSIMはドコモ回線のみ対応

 

今なら端末とSIMのセット申し込みで最大5,000円キャッシュバックを実施中✨

公式サイトから お得なキャンペーンの詳細をしっかりと確認しておきましょう。

 

-IIJmio

Copyright© 格安SIMマスター , 2019 All Rights Reserved.