【2020年3月】格安SIMの通信速度を徹底比較!早い/遅いMVNOは?

【2020年3月】格安SIMの通信速度を徹底比較!早い/遅いMVNOは?

更新日:

大手携帯電話会社よりも料金が安いことで人気の格安SIM。

利用者数もどんどん増え続けてついに全体の1割以上のモバイルユーザーが格安SIMを利用する時代になりました。

 

でも… 格安SIMは会社によって通信速度が全然違うことをご存知でしょうか?

せっかく格安SIMに乗り換えたのに「通信速度が遅すぎて使い物にならない!」とならないためにも、格安SIM各社の通信速度を必ず確認しておきたいですね。

 

そこで今回は人気の格安SIM各社の実際の通信速度を徹底比較!本当に早い格安SIMをご紹介します。

 

 

通信速度が早い格安SIMはどれ?

通信速度が早い格安SIMはどれ?

格安SIMマスター編集部では人気の格安SIM各社の通信速度を独自調査しています。

 

格安SIM各社の通信速度を比較するポイントは

  • 同一機種・同一日時・同一場所で比較する
  • 1週間で最も通信速度が遅くなる平日昼間(12時〜13時)で比較する
  • 1回だけの測定では信頼性がないので必ず10回測定する(中間値で比較する)

の3つです。※このように比較しないと正確な比較ではなくなってしまいます

通信速度が早い格安SIMはどれ?

こちらは2020年3月に東京都内(山手線エリア内)で人気の格安SIMの通信速度を実測比較したデータです。

比較条件を同じにするために、同一機種(iPhoneXS(SIMフリー))・同一アプリ(ookura)を利用して10回ずつ測定した中間値をグラフにしました。

最も条件が厳しい(通信速度が遅くなる)平日昼間の1時間で測定しているため 土日も含めた他の時間帯はこのグラフの速度よりも早くなります

 

そんな悪条件での通信速度を比較した結果…

  • UQモバイル※au回線
  • mineo(Dプラン)※ドコモ回線
  • IIJmio(タイプD) ※ドコモ回線
  • OCNモバイルONE ※ドコモ回線

の4つのSIMが10Mbps以上で高速通信ができることを確認しました。

 

この4つのSIMのどれかであれば、格安SIMでもサクサク通信することができます。

【期間限定】
最大10,000円キャッシュバック
最大3GB/月増量 x 13ヶ月間プレゼント✨
UQモバイル公式サイト

【期間限定】
✨3つのキャンペーン実施中✨
月額料金800円OFF(6ヶ月間)
データ容量+1GB(6ヶ月間)
いまなら全員に合計3GBプレゼント
mineo公式サイト

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

【期間限定】
2020オリンピック観戦チケット当たる(〜3/31)✨
●音声SIMも月額980円
人気スマホ総決算セール
 iPhone
1,000円〜(〜3/25)
OCN モバイル ONE公式

 

 

通信速度以外に大事な5つのポイントとは?

通信速度以外に大事な5つのポイントとは?

実は格安SIMを選ぶ上で大事なポイントが通信速度以外に5つあります。

 

① 解約条件をチェック!

最初に確認しておきたいポイントが「解約条件」です。

 

 

【2019年10月以降に契約した場合】

2019年9月までは各社の最低利用期間・解約違約金の条件には大きな違いがありました。

ところが総務省の制度変更により、2019年10月1日以降に契約した場合には どの会社の格安SIMであっても

  • 最低利用期間:設定なし
  • 解約違約金(契約解除手数料):0円〜1,000円

と大幅に条件が緩和されました。

今までとは違って「実際に使ってみたけど、どうも思ってたのと違うな」と感じたらすぐに解約できるようになりましたので、まずは一度利用してみて自分自身で確認してみることをオススメします。

 

 

【参考】2019年9月までの契約の場合(データ専用SIM)

通信速度が早い「UQモバイル」「Y!mobile」でも、データ通信専用SIMの場合には解約金はかかりません

 

 

【参考】2019年9月までの契約の場合(音声つきSIMの解約条件(MNPで番号を持ち出さない場合))

【参考】2019年9月までの契約の場合(音声つきSIMの解約条件(MNPで番号を持ち出さない場合))

人気の格安SIMの中でも解約条件が厳しいと評判なのがUQモバイルとY!mobileです。

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と同様に、26ヶ月目以外の解約では解約違約金が発生してしまいます。

 

一方で例えばIIJmioは毎月ごとに解約時の解約違約金の金額が減額されていくため、9ヶ月目以降は5,000円以下の解約違約金で解約することができます。

解約時のことを考えると(IIJmioのように)利用期間に応じて解約違約金の金額が下がっていくタイプの格安SIMがオススメです。

またmineoなら解約違約金がかからないのでお得に利用することができます。

 

 

【参考】2019年9月までの契約の場合(音声つきSIMの解約条件(MNPで番号を持ち出す場合))

【参考】2019年9月までの契約の場合(音声つきSIMの解約条件(MNPで番号を持ち出す場合))

MNPで電話番号を持ち出す場合も(MNPなしと)同じ傾向になるため、Y!mobileよりもIIJmioの方が条件がかなりよい点に注目です。

12ヶ月縛りがかかってしまうmineoもオススメできません。

 

音声つきSIMを契約する場合にはIIJmioを選択するようにしたいですね。

 

 

② 毎月の料金をしっかり比較!

 毎月の通信料金・通話料金もしっかり確認しておきましょう。

 

データ容量が少ない場合(毎月3GB)・平均的な場合(毎月5GB)・多い場合(毎月10GB)の3つのケース毎に、それぞれ音声通話時間を変えて比較したのが次のグラフです。

② 毎月の料金をしっかり比較!

 

全体的な特徴として

  • 音声通話が少ない場合には、Y!mobileの料金が高くなる
  • 音声通話が多くなるとLINEモバイル・UQモバイル・楽天モバイル・OCNモバイルONEの料金が高くなる

傾向にあります。

 

また 通信速度が早い割にどのパターンでも毎月の料金を安く抑えられるのがIIJmiomineoです。

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

【期間限定】
✨3つのキャンペーン実施中✨
月額料金800円OFF(6ヶ月間)
データ容量+1GB(6ヶ月間)
いまなら全員に合計3GBプレゼント
mineo公式サイト

 

 

③ 利用者満足度も重要!

③ 利用者満足度も重要!

「実際に利用しているユーザがどのくらい満足しているのか?」を比較することで、格安SIM各社の本当の実力が分かります。

上のグラフはMMD研究所が2017年に行った格安SIMユーザへのヒアリング調査結果の抜粋です。

 

通信速度の速さで評判のUQモバイル・mineo・IIJmio・OCNモバイルONEを比較すると、mineo・IIJmio・OCNモバイルONEのユーザー総合満足度がY!mobileよりも高いことが分かります。

実際に使っている人たちからの評価が高いmineo・IIJmio・OCNモバイルONEなら安心ですね。

【期間限定】
✨3つのキャンペーン実施中✨
月額料金800円OFF(6ヶ月間)
データ容量+1GB(6ヶ月間)
いまなら全員に合計3GBプレゼント
mineo公式サイト

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

【期間限定】
2020オリンピック観戦チケット当たる(〜3/31)✨
●音声SIMも月額980円
人気スマホ総決算セール
 iPhone
1,000円〜(〜3/25)
OCN モバイル ONE公式

 

 

④ こんなに違う!各社のシェアプラン

④ こんなに違う!各社のシェアプラン

 

通信速度が速いUQモバイル・mineo・IIJmio・OCNモバイルONEの4社を比較すると

  • UQモバイルシェアプランなし
  • IIJmio・OCNモバイルONE家族間でデータシェア可能
  • mineo ⇒ 家族・友人間でデータシェア・プレゼント可能

となります。

 

特に注意しておきたいポイントは

  1. 通信速度の速いUQモバイルですが、同一名義のSIM間でもデータシェアができないこと
  2. OCNモバイルONEはSIMカード5枚までデータシェアすることができますが同一名義の契約内に限られること

の2点です。

シェアプランの充実度という観点からもmineoとIIJmioの優秀さが際立つ結果となりました。

【期間限定】
✨3つのキャンペーン実施中✨
月額料金800円OFF(6ヶ月間)
データ容量+1GB(6ヶ月間)
いまなら全員に合計3GBプレゼント
mineo公式サイト

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

 

 

⑤ 複数回線が利用できるmineo・IIJmioが有利

⑤ 複数回線が利用できるmineo・IIJmioが有利

最後に、やはり外せないポイントがこちらです。

 

  • UQモバイルは(auの子会社ですので)au回線しか利用できない
  • OCNモバイルONEは(NTTグループ会社ですので)ドコモ回線しか利用できない

という点に注意しましょう。

 

一方で(別々のSIMを契約する必要はありますが)

  • IIJmioならau回線・ドコモ回線の両方を利用することが可能
  • mineoならソフトバンク回線・au回線・ドコモ回線の3種類を使い分けできる

特にIIJmioなら月額400円〜のシェアSIMを1枚追加することで

  • auが圏外のところではドコモSIMで通信する
  • ドコモ回線の通信速度が遅い時にはauSIMに切り替えて利用する

という使い分けが可能です。もちろん

  • メインがau回線(タイプA)の場合 ⇒ シェアSIMはドコモ回線(タイプD)
  • メインがドコモ回線(タイプD)の場合 ⇒ シェアSIMはau回線(タイプA)

契約することが可能で、毎月のデータ量は2枚のSIMでシェアすることもできます。

 

つまり

  • 毎月のデータ容量は2つのSIMでシェアできる
  • 速度が早い方のSIMで通信すればいい

ということができるIIJmioが最強の格安SIMになります。

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

 

 

【総合評価】一番オススメの格安SIMはこれ!

【総合評価】一番オススメの格安SIMはこれ!

格安SIMを選ぶ上で通信速度は最も重要な判断ポイントです。

実際に通信速度を比較した結果、UQモバイル・mineo・IIJmio・OCNモバイルONEの通信速度が他社に比べて早いという結果になりました。

 

また、解約条件・毎月の通信料金・利用者満足度・シェアプランの充実度などの観点を踏まえると最強の格安SIMはIIJmioであることもわかりました。

 

契約前には各社の最新のキャンペーン情報をしっかり確認して、一番お得に契約するようにしましょう!

【期間限定】〜3/31まで

  • 初期費用1円✨
  • スマホ100円セール実施中✨
  • 端末セット申込みで
    最大5,000円キャッシュバック
    本サイト経由で更に1,000円増額✨

IIJmio公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-格安SIM比較

Copyright© 格安SIMマスター , 2020 All Rights Reserved.