ドコモ回線の格安SIMで失敗しない3社を厳選!全12社から徹底比較!

ドコモ回線の格安SIMを厳選!いま一番オススメの格安SIMを徹底比較!

更新日:

ドコモから格安SIMに乗り換える際のポイントは

  1. ドコモ回線の格安SIMから選ぶ
  2. 利用者満足度の高い格安SIMが安心
  3. 実際の通信速度も必ず確認する
  4. 月額料金・最低利用期間(解約金)の条件もしっかりチェックする

の4つです。

そして、この条件をすべて満たすのが、

  • IIJmio

になります。

条件のいい格安SIMをしっかりと見極めて、失敗しない格安SIMを選ぶようにしましょう!

ドコモ回線で最速✨
今なら4つのキャンペーンが全て適用!
めちゃめちゃお得✨
(〜10/31(木)まで

IIJmio公式サイト
(当サイト限定の特別キャンペーン)

 

 

 

ドコモ回線の格安SIMなら、利用している機種をそのまま使える?

いま利用している機種はそのまま使える?

 

  • ドコモ回線の格安SIMなら
    ドコモ端末がそのまま利用できる!

 

格安SIMマスター編集部にもよく問い合わせをいただくのが「格安SIMにしたら…端末も新しいのを購入しないといけないの?」という内容です。

 

結論から言うと…

ドコモ回線の格安SIMに乗り換えれば
ドコモで利用している端末をそのまま利用することができます!

※ただし発売からかなりの年月が経った機種やフィーチャーフォン(ガラケー)などの一部機種は そのままでは利用できないことがあります

 

細かいことを言い出すと… SIMロックを解除すればau回線でもソフトバンク回線でも…なんていう話もあるのですが、(実はSIMロック解除しても使えない機種もあり)とっても複雑なので…

まずは「ドコモ回線の格安SIMにすればドコモの端末をそのまま利用できる」とだけ憶えておいて下さい。

メモ

ドコモ端末をそのまま利用するなら…ドコモ回線の格安SIMから選ぶ!

 

 

ドコモ回線には色々な会社があるけど…どの格安SIMにすればいい?

色々な会社があるけど…どの格安SIMにすればいい?

 

【ポイント①】ドコモ回線の格安SIM(MVNO)を選ぶ!

最初に確認すべきポイントは「どの通信会社の回線を利用している格安SIMなのか?」です。

【ポイント①】ドコモ回線の格安SIM(MVNO)を選ぶ!

 

  • ドコモ端末をそのまま利用するならドコモ系格安SIMを選びましょう!

上の図は、大手の格安SIM各社をそれぞれ

  • ドコモ系(ドコモ回線で通信する)格安SIM
  • au系(au回線で通信する)格安SIM
  • ソフトバンク系(ソフトバンク回線で通信する)格安SIM

の3種類に分類したものです。

 

  • IIJmio(アイアイジェーミオ)・イオンモバイル・BIGLOBEモバイルの3社はドコモ回線・au回線の2種類の格安SIMを提供しているため(契約時にドコモ回線・au回線を選ぶことができます)2つの円の真ん中に
  • mineo(マイネオ)・LINEモバイルはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3種類の格安SIMを提供しているため3つ目の円の真ん中に

置いていますが、それ以外の会社は必ずどこか1社(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線で通信します。

この記事をご覧になっている方はドコモ回線の格安SIMを探している人たちのはずですので、図の赤い円の中の格安SIMを選ぶようにしましょう。

メモ

ドコモ回線の格安SIM(図の赤い枠で囲われた部分)から選ぶようにしましょう!

 

 

【ポイント②】利用者の満足度が高い格安SIMを選ぶ!

2つ目のポイントは「利用しているユーザの満足度の高さ」です。

どれだけ広告で(人気の芸能人が)オススメしていても、実際に利用しているユーザーからの評価が低い格安SIMは避けるようにしましょう。

【ポイント②】利用者の満足度が高い格安SIMを選ぶ!

 

  • 格安SIMを比較するには「利用者満足度」を確認しましょう!
  • 利用者満足度TOP6はmineo・LINEモバイル・IIJmio・UQモバイル・イオンモバイル・BIGLOBEモバイル

上の表は

  • 横軸:利用者の満足度
    (※2018年MMD研究所調査)
  • 縦軸:契約者の比率
    (※MM総研の調査)

で大手格安SIM(全12社)を分類したものです。

【補足】
利用者の満足度(横軸)には(グラフ化の都合で)アンケートに「非常に満足している」と回答した人の比率だけを含めているため満足度が低そうに見えますが、実際には「やや満足している」と答えた人も含めれば各社7割以上のユーザーが満足しているという結果になっています。

今回は「利用者の満足度が高いオススメの格安SIM」だけをご紹介したいと思い満足度が高い上位6社の格安SIMだけに絞ることにしました。(※上の図で薄い赤色で塗った部分です)

具体的には

  • mineo(26.7%)
  • LINEモバイル(22.0%)
  • IIJmio(20.7%)
  • UQモバイル(18.7%)
  • イオンモバイル(18.7%)
  • BIGLOBEモバイル(18.0%)

の6社になりますが、UQモバイルはau系の格安SIM(ドコモ回線を利用しない格安SIM)なのでドコモ端末をそのまま利用することができません。

そこで ここから先は

  • mineo
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • BIGLOBEモバイル

の5社だけに絞って徹底比較していきましょう。

メモ

実際に利用しているユーザの満足度をしっかり確認しましょう。

利用者満足度が高いのはmineo・LINEモバイル・IIJmio・イオンモバイル・BIGLOBEモバイルの5社です。

 

 

【ポイント③】実際の通信速度も大事!

【ポイント③】実際の通信速度も大事!

 

  • 格安SIMは会社ごとに通信速度が大きく違うことに注意!

格安SIMに乗り換えたあとで誰もが最初に驚くこと。それが通信速度です。

大手通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク)と格安SIMでは通信速度が大きく変わります。

一例としてIIJmioの通信速度(平日24時間)を見てみましょう。

※2017年のデータですが「時間帯ごとに通信速度が変化する特徴」は2019年になっても変わりません。

【ポイント③】実際の通信速度も大事!

 

  • 1週間で一番通信速度が遅くなるのが平日昼間(12時〜13時)
  • 格安SIMは、大手通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク)よりも平日昼間の通信速度がかなり遅くなる
  • 平日12時〜13時の通信速度を調べれば使いやすい格安SIMが見えてくる!

大手通信会社から通信回線を借りている格安SIMの場合には、他の時間帯と比較して平日昼間(12時〜13時の1時間)の通信速度が大幅に低下します。

実際に利用する通信の種類にもよりますが、格安SIMマスター編集部では「1Mbpsを下回る通信速度=使い物にならないくらい遅い通信速度」と定義して、毎月同じ場所で平日昼間の通信速度を計測しています。

それでは先程の5社(mineo・LINEモバイル・IIJmio・イオンモバイル・BIGLOBEモバイル)の通信速度を確認していきましょう。

 

 

mineoの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

mineoの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

 

  • 利用者数・利用者満足が共に高いmineoですが平日昼間の通信速度は遅め

2018年はピークタイム(平日昼間の1時間)の通信速度が爆速で評判だったmineoですが、2019年に入ってからは通信速度が落ちています。

平日昼間でも高速通信をしたい方は避けたほうがいいと思いますが、そこまで通信速度にこだわらない方であれば人気のmineoもオススメです!

【期間限定】
いまなら全員に2GBプレゼント

mineo campaign

 

 

LINEモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

LINEモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

 

  • 利用者満足度が高いLINEモバイルですが平日昼間の通信速度は他社より遅め
  • 2019年9月はドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の全てが1Mbps未満となっています

サービス開始当初には「通信速度が激速の格安SIM」と騒がれていたLINEモバイルですが、残念ながら現時点での通信速度は早いとは言えません。

「平日昼間の1時間(ピークタイム)」以外の時間帯であれば問題なく利用できると思いますが、ピークタイムでも高速通信をしたい場合にはLINEモバイルはあまりオススメできません。

【期間限定】
基本利用料が5ヶ月間半額

更に…キャペーンコード入力で
全員5,000ポイントもらえる!

LINEモバイル史上初!
総額で15,000円を超える大幅割引

詳細は公式サイトから確認しましょう

LINEモバイル公式サイト

 

 

IIJmioの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

IIJmioの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

 

  • 当サイト編集部内で一番人気のIIJmioは平日昼間の通信速度も良好!
  • 2019年9月からは通信速度がかなり回復されています✨

平日ランチタイムでも通信速度の早さで評判がいいのがIIJmioです。

2019年8月までは通信速度が安定していませんでしたが、9月からは平日昼間でも確実に1Mbpsを超える高速通信を実現しています。

 

実際に平日昼間にIIJmio(docomo)でスマホを利用してみると、速度計測アプリの数字上は他社格安SIMと同程度のスピードなのに他社よりも通信速度が早いような気がするという経験を何度もしています。

詳細はわからないのですが、IIJmioの通信開始時の初速度をブーストさせる機能(バースト通信)の性能が他社SIMよりも優れているのかもしれません。

そのため実は…IIJmioは格安SIMマスター編集部内で最も評価が高い格安SIMだったりします。

通信速度以外でも評判がいいIIJmioですが、通信速度にまでこだわるならIIJmio以外の選択肢はないでしょう。

【当サイト限定】
4つのキャンペーンが同時適用!
(〜10/31(木)まで
 
人気スマホ999円

初期費用1円

●毎月のデータ容量+3GB(3ヶ月間)

●音声SIMの月額料金
 1,300円OFF(4ヶ月間
 ※当サイト限定

IIJmio公式サイト

 

 

イオンモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

イオンモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

 

  • 料金の安さで人気のイオンモバイルは通信速度の遅さでも(悪い意味で)評判の格安SIMです。

 

料金の安さ(特に音声通話が多い場合には格安SIMの中でも最安値)で人気のイオンモバイルですが、とにかく通信速度が遅いことで有名です。

「メールもSNSもゲームもやらない!電話だけ使えればいい!」という方にはオススメのイオンモバイルですが、一般的なスマホユーザーが利用するには通信速度が遅すぎます。2年以上も連続で1Mbpsを下回っているため、そもそも通信速度をあげる気が全くないと考えられます。

そのためイオンモバイルは「電話だけ利用したい・料金は少しでも安いほうがいい」という高齢の方向けに人気の格安SIMとなっています。

 

【期間限定】他社からのMNP乗換で全員に5,000WAONポイント
イオンモバイル公式サイト

 

 

BIGLOBEモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

BIGLOBEモバイルの通信速度(東京23区・山手線内、平日12時〜13時)

 

  • 編集長お勧めのBIGLOBEモバイルは平日昼間の通信速度が10月から悪化しました
  • エンタメフリー・オプションで動画・音楽視聴サービスが通信量無料(カウントフリー)で利用できる✨

他社の格安SIMと異なり 格安SIMの中でも通信速度の速さで評価が高かったBIGLOBEモバイルですが、今月から通信速度が劣化してしまいました。

平日昼間以外の時間帯であれば高速通信ができますし、実はau回線のタイプAはかなり通信速度が早い(3.87Mbps)ことが確認できたのですが、残念ながらドコモ回線のタイプDでは0.38Mbpsというイオンモバイルなみの低速となっています。

来月以降の改善に期待しましょう。

 

ただし、BIGLOBEモバイルでしかできないことがあります。それが「エンタメフリー・オプション」です。

エンタメフリー・オプションを契約することで、YoutubeやSpotifyなどの人気の動画・音楽視聴サービスを利用するときのデータ量がカウントフリーになります!

そのため、動画や音楽視聴サービスをよく利用する方にはカウントフリーオプションがあるBIGLOBEモバイルをオススメしています。

期間限定
BIGLOBEモバイルお得なキャンペーン
10/31(木)まで)

●初期費用無料✨
 
●YouTube・Spotify
カウントフリー
 はBIGLOBEだけ!

         ↓
 人気のエンタメフリー・オプション
 6ヶ月間ずっと無料✨✨
 

BIGLOBEモバイル(公式サイト)

 

 

メモ

格安SIMは会社ごとに通信速度が大きく違います。

通信速度にこだわるならば、IIJmioがオススメ!

ただしYoutubeやSpotifyなどをよく利用する場合には、大人気のBIGLOBEモバイルのカウントフリー(エンタメフリー・オプション)を利用しましょう!

 

 

【補足】本家ドコモの通信速度を格安SIM各社の通信速度と徹底比較!

【補足】本家ドコモの通信速度を格安SIM各社の通信速度と徹底比較!

格安SIMとドコモの通信速度の違いを、先ほどと同じ条件(測定した場所・時間・機器等は全て同じ)で比較したのがこちらのグラフです。

1週間の中で最も通信速度が遅くなる平日昼間の1時間であっても、本家ドコモなら20Mbps近い通信速度がでています。やっぱり大手キャリアは通信速度が段違いですね。

 

スマホでSNSを利用したり、動画・音楽視聴をしたり…といった平均的な使い方であれば、3Mbps以上の通信速度がでていれば遅くてイライラすることはほとんどないはずです。それでも、

「やっぱり通信速度は平日昼間でも爆速じゃないと納得できない!」

という方は、本家ドコモの契約を選ぶのも1つの選択肢です。

 

ドコモでは(2019年6月から)「ギガホ」と「ギガライト」という新しい料金プランの提供をはじめました。

利用方法によってはドコモでも格安SIMと同じくらいの料金で毎月利用することもできますので、気になる方はドコモ公式サイトから「新しい料金プランで月額料金がどのくらいになるのか?」を一度確認しておくようにしましょう。

▼ドコモの新料金
「ギガホ・ギガライト」の詳細:

ドコモ公式サイト

 

 

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

最後に確認したいポイントが

  • 毎月の料金(月額料金)
  • 解約違約金と最低利用期間

です。

まずは月額料金から確認していきましょう。

 

月額料金は「データ容量」「音声通話時間」「契約プラン」などによって変わりますが、代表的なパターンに絞って5社(mineo, IIJmio, LINEモバイル,イオンモバイル,BIGLOBEモバイル)を比較したのが下のグラフです。

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

 

  • 音声通話が多いならLINEモバイルは避けるようにしましょう
  • 多くのケースでイオンモバイルが最安値

 

 

続けて 最低利用期間・解約違約金についても確認していきましょう。

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

【ポイント④】毎月の料金・解約違約金(最低利用期間)も忘れずに確認!

 

  • 5社ともデータ通信専用SIMなら解約違約金なし
  • IIJmioは解約違約金が毎月減額される良心的な設計になっている
  • 5社とも14ヶ月目には最低額まで下がる

上のグラフは5社(IIJmio・mineo・イオンモバイル・LINEモバイル・BIGLOBEモバイル)の解約パターン(データ通信専用SIMの解約・音声SIMをMNPで解約)毎の解約違約金(解約時に支払う費用総額)をまとめたグラフです。

データ通信専用SIMの場合には各社とも解約違約金が発生しませんが、音声SIMをMNPを利用して解約(番号を他社に持ち出す)時にはグラフに記載された解約金が発生します。

解約違約金の条件が一番ゆるいのはイオンモバイルです。

またIIJmioは解約違約金が毎月低減されていくため、MNPの利用有無に関わらず解約月を気にする必要がないことが特徴です。

▼解約違約金・月額料金が一番安い
ドコモ回線の格安SIM
 
イオンモバイル公式サイト

▼通信速度・料金・解約条件を重視
ドコモ回線の格安SIM
 
IIJmio公式サイト

 

 

メモ

音声通話が多い場合にはLINEモバイルの月額料金に注意しましょう。

月額料金・解約条件の両方で最も条件がいいのはイオンモバイルです。

どの会社でも「データ通信専用SIMなら解約違約金はゼロ」となります

 

 

まとめ:ドコモからドコモ回線の格安SIMに乗り換えるなら…最強SIMはこれ!

まとめ:ドコモから格安SIMに乗り換えるなら…この3社!

まとめ:ドコモからドコモ回線の格安SIMに乗り換えるなら…最強SIMはこれ!

ドコモから格安SIMに乗り換えるなら、IIJmioBIGLOBEモバイルの2社がオススメです。

  • 1週間で最も通信速度が遅くなる平日昼(12〜13時)でも高速通信をしたい場合には ⇒ IIJmio
  • YouTube動画やSpotifyなどの音楽を利用することが多い場合にはカウントフリーに対応した ⇒ BIGLOBEモバイル

を選ぶようにしましょう。

 

また期間限定のお得なキャンペーンを定期的に開催していますので、契約前に必ず内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

IIJmio

IIJmio

【IIJmioの良いところ】

  • 通信速度が格安SIMの中でも速い!(※格安SIMマスター編集部調査)
  • 利用者の満足度が高い
  • 解約条件が厳しくない
  • 複数SIMでデータシェアできる
  • 音声通話をよく利用する場合には特に料金が安くなる
  • ドコモ回線・au回線を選べる

【IIJmioの残念なところ】

  • アフターサポートの満足度が低い

インターネット大手のIIJが提供するIIJmioは利用者の総合満足度の高さ、通信速度が安定して早いこと、解約条件が厳しくないこと格安SIMの中でもとても評判がいい格安SIMです。

ドコモ回線とau回線から選べるのもポイントで、IIJmioは格安SIMマスター編集部内でも一番人気の格安SIMです。

また複数SIMでデータシェアができる(ドコモ回線・au回線をまたいでもシェアOK!)ため、使いきれなかったパケットを複数の端末で(家族間でも)有効に活用できることも人気の秘訣です。

更に、格安SIMの中でも音声通話の利用が多い場合には特に月額料金が安いこともオススメのポイントです。

 

今なら当サイトとIIJmioのタイアップ特別キャンペーンを提供中✨

通常のキャンペーンより更にお得な特典をご用意しました!

 

●音声SIMセットで人気スマホ999円
 
初期費用1円
 (音声SIM・データ専用SIMどちらでも✨)
 
●毎月のデータ容量が+3GB(3ヶ月間)
 
●音声SIMの月額料金
 1,300円OFF(4ヶ月間※当サイト限定

になります。

※2019/10/31(木)まで【期間限定】

 

通常よりもお得に申し込みができるチャンスになりますので キャンペーン内容をしっかり確認しておきましょう。

 

 

BIGLOBEモバイルなら動画・音楽カウントフリー!

【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(6/30まで)

【BIGLOBEモバイルの良いところ】

  • ドコモ回線・au回線から選べる
  • YouTube・Apple Music・Spotify・AbemaTV・U-NEXTなどの
    通信量が毎月のデータ量にカウントされない✨✨✨
    (エンタメフリー・オプション)

 

【BIGLOBEモバイルの残念なところ】

  • 同一名義のシェアSIMしかデータシェアができない

 

BIGLOBEモバイルは

  • ドコモ回線・au回線を選ぶことができる
  • エンタメフリーで音楽・動画が無制限✨
  • 毎月の利用料金も高くない(格安SIMの中では平均的な金額)

ことで大人気の格安SIMです。

BIGLOBEモバイルは、格安SIMマスター編集長がいま一番オススメしたいドコモ回線対応の格安SIMです!

 

特に、

  • 動画や音楽の利用が多いものの通信料は安く抑えたい

にとってはBIGLOBEモバイルは最高のドコモ回線に対応した格安SIMです。

 

更にBIGLOBEモバイルではお得なキャンペーンを実施中

  • 新規契約で初期費用0円
  • 人気のカウントフリーオプションが、いまなら6ヶ月間無料で利用できる!

通常よりお得にBIGLOBEモバイルのSIMを利用することができるチャンスですので、積極的に利用していきましょう!

 

 

 

満足度No.1✨通信速度も安定したドコモ回線「mineo」

mineo

【mineoの良いところ】

  • 全てのプラン(Dプラン・Aプラン・Sプラン)で通信速度が速い
  • 利用者満足度が高い
  • 料金が安い
  • 解約条件が厳しくない
  • サポートがしっかりしている
  • シェアプランの充実度No.1

【mineoの残念なところ】

  • MNPを利用する場合には12ヶ月間の解約縛りがある

他の格安SIMでは提供されていない独自の仕組み

  • 家族以外の友人とも余ったパケットを分け合える「パケットシェア」
  • 友人知人へパケットをプレゼントできる「パケットギフト」
  • 全国のmineoユーザーの間でパケットを譲りあう「フリータンク」

が人気のmineo。シェアプランの充実度では格安SIMの中でもぶっちぎりのNo.1です。

 

また公式サイトの説明が親切で分かりやすい上に、mineoユーザーのコミュニティ「マイネ王」では分からないことを質問すれば詳しい人が親切に回答してくれることでも評判のmineo。

分からないことだらけの初めての格安SIMであればmineoを契約すべきと言われるほど、他の格安SIMよりもサポートがしっかりしています。格安SIM各社の中でも利用者満足度が高いのも納得です。

 

更に料金の安さ・解約条件が厳しくないことでも格安SIMの中でも高評価で、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線から選んで利用することもできるため、どの格安SIMにするか迷ったらmineoを選ぶ人が多いと言われています。

 

いまなら期間限定で応募者全員が無料で2GBもらえるキャンペーンを実施中!

詳細は公式サイトから✨

 

 

カウントフリー対応✨全体的なバランス重視のLINEモバイル

LINEモバイル

【LINEモバイルの良いところ】

  • 格安SIMの中で利用者満足度No.1
  • 大容量のデータ通信専用SIMで最安値
  • 人気SNSはカウントフリー
  • 公式サポートの評判がいい

【LINEモバイルの残念なところ】

  • 平日昼間(1時間)の通信速度だけ遅いことがある

LINEモバイルはデータ通信専用で毎月10GB程度の大容量を利用する場合には、格安SIMの中でも料金が安いことで定評があります。

特にLINE、Twitter、Facebook、Instagramなどはパケット量にカウントしないカウントフリーが20〜30代に人気です。

格安SIMの中ではサポートの良さで最も評判が良いので安心して利用できるのもいいですね。

 

そんなLINEモバイルでは期間限定のキャンペーンを実施中✨

基本料が5ヶ月 半額キャンペーン✨
更に…特別キャンペーンコード入力で+5,000円OFF✨✨

⇒ 総額で15,000円を超える大盤振る舞い✨

 

LINEモバイルを始めるなら今がチャンスです!

契約する前にしっかりとお得なキャンペーンの詳細を公式サイトで確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

-格安SIM比較

Copyright© 格安SIMマスター , 2019 All Rights Reserved.