【実測しました!】BIGLOBEモバイルの通信速度は遅い?速い?

IIJmioは遅い?IIJmioの通信速度を徹底評価!

更新日:

格安SIMの中でも人気のIIJmio。

そんなIIJmioの「通信速度が遅い?」という噂を徹底評価しました!

 

他社格安SIMと通信速度をガチンコ比較。

いま選ぶべき格安SIMをご紹介していきます!

【期間限定】キャンペーン実施中✨

  1. 人気スマホが税込110円
  2. 毎月のデータ容量が+1GB
    (12ヶ月間)
  3. 初期費用が半額
  4. かけ放題が税込90円/月〜

 

 

格安SIM各社の通信速度を徹底比較!

格安SIM各社の通信速度を徹底比較!

こちらのグラフは

  • 東京都内(山手線エリア内)
  • 平日12時〜13時の1時間(※1週間で最も通信速度が遅い時間帯です)
  • 通信速度を10回測定 ⇒ 中間値を記載
  • iPhone XSを利用

という条件で格安SIM各社の通信速度(下り)を比較した結果です。

通信速度が一番遅くなる平日昼間の1時間の通信速度は

IIJmio(タイプA):3.06Mbps

IIJmio(タイプD):1.06Mbps

となりました。

 

次に、各タイプごとの24時間の通信速度の変化を確認していきましょう。

 

IIJmio(タイプA)の通信速度(24時間)

IIJmio(タイプA)の通信速度(24時間)

IIJmioタイプAの下り通信速度

  • 24時間下り平均速度:2.73Mbps
  • 下り最高速度:6.84Mbps(早朝4時台)
  • 下り最低速度:0.48Mbps(昼12時台)

 

IIJmioタイプAの上り通信速度

  • 24時間上り平均速度:4.26Mbps
  • 上り最高速度:5.94bps(早朝2時台)
  • 上り最低速度:3.23Mbps(夕方5時台)

 

IIJmioタイプAの特徴

IIJmioのタイプAでは

  • 上り通信速度が速い(1日平均4.26Mbps)
  • 下り通信速度が遅い(1日平均2.73Mbps)

という特徴があります。画像や動画などの投稿・アップロードが多い場合にはタイプAを選ぶのが正解ですね。

 

 

IIJmio(タイプD)の通信速度(24時間)

IIJmio(タイプD)の通信速度(24時間)

IIJmioタイプDの下り通信速度

  • 24時間下り平均速度:11.84Mbps
  • 下り最高速度:22.79Mbps(早朝3時台)
  • 下り最低速度:0.63Mbps(昼12時台)

 

IIJmioタイプDの上り通信速度

  • 24時間上り平均速度:1.04Mbps
  • 上り最高速度:2.54bps(早朝2時台)
  • 上り最低速度:0.45Mbps(夕方6〜7時台)

 

IIJmioタイプDの特徴

IIJmioのタイプDでは

  • 上り通信速度が遅い(1日平均1.04Mbps)
  • 下り通信速度が速い(1日平均11.84Mbps)

という特徴があります。情報収集や動画視聴が多い場合にはタイプDを選ぶのが正解です。

【期間限定】キャンペーン実施中✨

  1. 人気スマホが税込110円
  2. 毎月のデータ容量が+1GB
    (12ヶ月間)
  3. 初期費用が半額
  4. かけ放題が税込90円/月〜

 

 

IIJmioの特徴を徹底解説!

IIJmioの特徴を徹底解説!

①通信速度で比較

IIJmioの通信速度は平日昼間にかなり遅くなる傾向があります。

平日昼間の1時間であっても通信速度にこだわりたい場合にはIIJmioは避けるようにしましょう。

 

 

②利用者満足度で比較

②利用者満足度で比較

こちらはMMD総研の調査結果(2016年)をグラフ化したものです。

利用者の総合満足度では

  • 第1位:mineo(86.0%)
  • 第2位:IIJmio(84.7%)

2社の利用者満足度が他社を大きく引き離していることがわかります。

 

 

③対応回線で比較

③対応回線で比較

こちらの図は格安SIM各社を対応回線で分類したものです。

  • ドコモ・au・Softbankに対応:mineo, LINEモバイルのみ
  • ドコモ・auに対応IIJmio, イオンモバイル, BIGLOBEモバイル

になります。

 

2種類以上の回線に対応したSIMカードを持っていることで、

  • 「auが圏外のときはドコモで接続」
  • 「Softbankが圏外のときはauで接続」

といった対応が可能になるので、なるべく複数回線に対応した格安SIMを選ぶようにするのがお得です。

 

 

④シェア条件で比較

④シェア条件で比較

格安SIM各社のデータシェアの条件を比較した図がこちらです。

  • 誰にでもプレゼント可能:LINEモバイル・mineo
  • 家族間でシェア可能IIJmio, Y!mobile, イオンモバイル, BIGLOBEモバイル, OCNモバイルONE

となっています。

格安SIMを選ぶ際には、データシェアの条件もしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

【IIJmioの良いところ】

  • 利用者の満足度が高い
  • 複数SIMでデータシェアできる
  • 他社よりも月額料金が安い
  • ドコモ回線・au回線を選べる

【IIJmioの残念なところ】

  • 平日昼間の1時間だけ通信速度が遅くなることがある

インターネット大手のIIJが提供するIIJmioは利用者の総合満足度の高さ格安SIMの中でも評判の格安SIMです。

ドコモ回線とau回線から選べるのもポイントで、IIJmioは格安SIMマスター編集部内でも一番人気の格安SIMです。

特にau回線(タイプA)の通信速度が速く

平日昼間の1時間であっても6.45Mbps ※2022年4月 東京都山手線エリア内で測定

と高速で通信をすることができます。

 

また複数SIMでデータシェアができる(ドコモ回線・au回線をまたいでもシェアOK!)ため、使いきれなかったパケットを複数の端末で(家族間でも)有効に活用できることも人気の秘訣です。

更に、格安SIMの中でも月額料金が安いこともオススメのポイントです。

 

今なら期間限定

  1. 人気スマホが税込110円
  2. 毎月のデータ容量が+1GB
    (12ヶ月間)
  3. 初期費用が半額
  4. かけ放題が税込90円/月〜

という一大キャンペーンを実施中です!

特に人気機種の割引は在庫限りとなっていますのでキャンペーンの詳細をしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

-IIJmio

Copyright© 格安SIMマスター , 2022 All Rights Reserved.