【iPhone電池交換】無料で「動作が重い・遅い」を一発解決できる!

【iPhone電池交換】無料で「動作が重い・遅い」を一発解決できる!

更新日:

2017年末から2018年明け頃にかけて大きなニュースとなった「iPhoneは旧機種の速度を意図的に遅くしている」という記事。

ベンチマークテストの結果なども公開されていながら他人事のように感じていたのですが…

よく利用しているゲームアプリの処理速度が明らかに遅くなったので本格的に調べてみました。

 

 

iPhoneでiOSをアップデートすると処理速度が遅くなる!?

iPhoneでiOSをアップデートすると処理速度が遅くなる!?

Appleでは定期的にiOSのアップデートを行っていますが、そのアップデートの中には劣化したバッテリー(電池)が原因となる突然の電源断が起きないように、iPhone本来の最大性能(最大処理能力)を意図的に出さないように制御する仕組みが組み込まれています。

最新のiPhone8やiPhone Xではこの問題は生じていないようですが、iPhone6s, iPhone7, iPhone SEなどの機種で実際に処理能力を確認してみたところ… 明らかに処理能力が落ちているモデルが存在することが米国の調査機関の調査結果で確認されています。

 

 

米国では訴訟も発生!アップデートしない方がいい!?

米国では訴訟も発生!アップデートしない方がいい!?

訴訟大国のアメリカでは「処理能力を意図的に低速化させているのは新しいiPhoneを購入させるための策略ではないか?」という訴訟をAppleに対して起こす動きもでてきています。

 

報道によると、このような動作を行うようになるのは

  • iPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE:2017年1月リリースのiOS 10.2.1以降
  • iPhone 7 / 7 PlusiOS 11.2以降

のiOSを利用している機種に限るようなので、「そもそもiOSをアップデートしなければいいのでは?」という気もしてしまうのですが…

iOSのアップデートはセキュリティー対策も改善されているので、iOSを更新しないというのは選択肢としてあり得ません

 

 

処理速度が遅くなるのは… 電池劣化が理由!

処理速度が遅くなるのは… 電池劣化が理由!

iOSの設定で(頼んでもいないのに)iPhoneが本来の処理能力を出さないように低速化させるのは、劣化した(使い続けることで、充電しても初期の電池容量に届かない)充電池を検知したときです。

そのため旧タイプのiPhoneを利用していてiOSのアップデートをしていても、電池が劣化していなければ(=iOSが電池劣化を検出していなければ)低速化されることはないということです。

 

 

電池を新品交換すれば本来の処理速度に戻る!

電池を新品交換すれば本来の処理速度に戻る!

低速化を避けるための一番簡単(かつ現実的に唯一の)方法は、iPhoneの電池を新品交換することです。

そうはいっても… 「iPhoneの電池交換って結構高いのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか?

でも実は、そんなことないんです!

 

 

購入後1年以内のiPhoneなら無料電池交換!1年経過していてもAppleCare+に加入してれば無料!

購入後1年以内のiPhoneなら無料電池交換!1年経過していてもAppleCare+に加入してれば無料!

  • 購入後1年間の(Apple公式の)製品保証期間
  • Apple Care+に加入していて保証期間内

のどちらかの条件を満たせば、新品電池交換は(工賃も含めて)完全無料です。つまり完全無料で新しい電池に交換してもらうことができます。

 

今までのルールでは

  • Appleの診断テストで「電池交換が必要だと判断される電池劣化」が認められた場合のみ

無償で電池交換をしてくれるという条件でしたが、今回の件(意図的に低速化している件)が世界中で大騒ぎになってしまったため…

  • Appleの診断テストの結果に寄らず無償で電池交換

という条件に変更されています。

 

つまり、購入後1年間経過していない場合には

  • 1回は無料で電池交換してくれる
  • 電池を新品交換すれば低速化されることはない

ということになります。

 

私は、

  • 2018年2月に1年間の製品保証期間が切れてしまう(1年前にiPhone7を購入しました)
  • iPhoneのゲームアプリの動作が明らかに遅くなっていたため(低速化されているのは明らかでした)

という理由で、すぐにAppleサポートに連絡して翌日対応してもらえる(Apple公式の)都内修理対応店に来店予約しました。

 

都内のApple公式サポート店舗では既に予約が1週間先まで埋まり始めていますので、無料電池交換を希望する方はお早めにAppleサポートへ連絡しましょう。

 

 

購入後1年以上でAppleCare+に加入していなくても8800円⇒3200円で電池交換可能!(2018/12までの特別対応)

購入後1年以上でAppleCare+に加入していなくても8800円⇒3200円で電池交換可能!(2018/12までの特別対応)

Apple公式には保証期間外の電池交換は8,800円と記載されていますが(2018/1/5 19:03現在)、実際には2018年12月までは期間限定で3,200円(税別)で電池交換が可能です。

 

iPhoneの機種変更を考えるタイミングとしてよくあるのが

  • 2年縛り等の期間拘束が切れたタイミング
  • iPhoneの動作が遅くなったと感じたとき

の2つですが、後者の「動作が遅くなった」という部分は電池を新品交換するだけで解決される可能性もあります。

iOSのアップデートをしてから低速化したと感じている方は是非ご検討くださいね。

 

 

携帯電話各社の保証サービスは対象外?

実際に携帯電話会社に連絡して確認した訳ではありませんが、

  • ケータイ補償サービス for iPhone(ドコモの場合)

のような携帯電話会社で提供されている保証サービスは電池交換無料には対応していないようです。※少なくともドコモの公式サイトには本件(電池無料交換)に関する記載はありませんでした

今後また対応方法が変わってくる可能性もありますので、ご契約されている携帯電話会社の保証サービスを利用している方はサポートに確認してみましょう。

 

 

電池交換はAppleサポートへ連絡

電池交換はAppleサポートへ連絡

ふらっとAppleストアに行っても…100%に近い確率で予約で埋まってしまっていて対応してもらうことはできません。

また(特に都内は)Appleストア以外にもApple公式サポートを受けられる店舗が数多くありますが「Apple公式からの予約以外は受け付けない(=店舗に直接連絡しても予約できない)」という店舗もありますので、Appleサポートに連絡して希望日時で予約が取れる店舗をオペレータに探してもらうのが一番ラクです。

 

 

iPhone7の電池交換してみた!

iPhone7の電池交換してみた!

①まずはAppleサポートへ連絡

Appleサポートへ連絡を入れましょう。

※修理の問い合わせはこちらから行うことができます。

 

相談方法はいくつかありますが、私は「今すぐアドバイザーと話がしたい」

iPhone7の電池交換してみた!

を選びました。

すぐに電話がかかってきたので、

  • 最近ゲームアプリの速度が急に遅くなったと感じている
  • ネットで「電池交換無料」の話を知ったので交換したい

と正直にリクエスト。

 

 

遠隔診断で「電池は消耗してないので交換する必要はない」と言われる

故障修理の場合には必ず「遠隔診断」でiPhoneの状態をチェックされます。

アドバイザーの言われるままにiPhoneを操作して、診断をしてみた結果…

「お客さまがお使いのiPhoneの電池は規定の100%を超える104%の電池性能がありますので、電池を交換する必要は特にないと思うのですが…」

という(予想通りの)引き止め対応。

 

でも1ヶ月後には「購入後1年間の基本保証期間」が切れてしまうので、無料で交換できるいまのうちがチャンスですよね?

という本音はさすがに口にできないので、電池交換したい理由は「電池劣化」ではなくて「低速化」なのでどうしても交換して欲しいと伝えたところ、それ以上の引き止めはありませんでした。

 

 

自宅近くのApple正規修理対応窓口の予約までしてくれる!

最初はAppleストアに行こうと思って、銀座・表参道・渋谷と調べてもらったのですが… 全店舗1週間は予約で埋まってるようです (゜o゜;

そこで池袋・新宿… と調べてもらって(この2店舗も1週間予約でいっぱい)東京駅にある店舗なら電話した翌日から空きがあるらしい!

早速予約を入れてもらいました。

 

Apple公式サポートを通すと、希望エリア・日時を伝えればアドバイザーが全部調べてくれるのでとっても便利です(同じことを自分でやる気はしません(^_^;))

 

また、私が訪問した東京駅の店舗では、予約なしで訪問したお客さんに対してスタッフが「当店では直接予約は受け付けておりません。Apple公式サポートからの予約のみになります」と伝えていたので、Apple公式サポートから予約することを強くオススメします。

 

 

注意事項は3点

Appleサポートで伝えられる注意点は以下の3点です。

  • iCloud(またはiTune)でiPhoneの完全バックアップを取ること
  • ケース・保護フィルム等は全て外しておくこと 
  • 「iPhoneを探す」をOFFにしておくこと

1点目の「完全バックアップ」は必須です。電池交換時にiPhoneのデータが消える可能性がありますので、必ず事前にバックアップをとるようにしましょう。

 

2点目(保護フィルム全部ハズせ)はガセでした。「本体ごと交換するのでなければ保護フィルムは剥がさなくていいですよね?」と電話で確認したのですが「いいえ、必ず全て外してから店舗にご来店下さい」と念を押されたんですけどね。

結論からいうと(表面のガラスコーティング結構高かったので外したくなくて)そのまま持っていったら、何も言われずに(表面も裏面も保護フィルム貼ったままで)電池交換してもらえました。

※そんなことだろうと思って保護フィルム外さずにお店行ってよかったです

 

3点目は(もし忘れていても店舗側で対応してもらえますが)できれば事前に設定変更してからお店に行きましょう。

 

 

②「Quick Garage東京駅前店」で電池交換

②「Quick Garage東京駅前店」で電池交換

私が向かったのは、比較的予約が取りやすかった「クイックガレージ東京駅前店」。

東京駅八重洲口側にあるヤマダ電機LABI東京店の2FにあるApple公式サポート店です。

予約していても前のお客さんの対応時間によってはしばらく待たされることもありますので注意しましょう。

 

カウンター左側で整理券を受け取って、自分の番号が呼ばれるまで空いているテーブルで時間を潰します。

 

番号を呼ばれたら、

  • Appleサポートから予約した
  • 電池交換したい

ことを伝えましょう。

 

 

窓口で再度診断

受付用紙(表裏に記載することがあります)を記入してから、電池交換したいiPhoneを渡すと、再度iPhoneを診断されます(Appleサポートでやったのと同じ診断内容)。

そしてやっぱりAppleサポートのアドバイザーと同じ話を聞かされます。

 

 

電池容量も十分ありますし、データが消えてしまうリスクがあるので交換しないほうが…

「電池容量は十分」という点に加えて「大切なデータが消えてしまうリスクもあります」というのも追加されました。

 

いやいやiCloudでフルバックアップ取ってあるから何の問題もないし。

「大丈夫です問題ありません。電池交換して下さい」

と伝えて作業を開始してもらいます。

 

 

1時間ほどで電池交換完了!

いままでも(iPhone5の時代から)何度かiPhoneの修理・電池交換をしたことがありますが、毎回必ず本体ごと交換されてました。そのためAppleは全とっかえしかしないのだと思っていたのですが…(今回初めて)しっかり分解して電池交換してもらえました。

クイックガレージ東京駅前店では、

  • 電池交換に1時間〜1時間半くらいかかる
  • 店内で待っててもいいし、1時間くらい外に出て戻ってきてもいい

そうです。

私は特に予定もなかったので店内でPC広げてこの記事を書いてました(笑)

 

 

表面・裏面のカバーはつけっぱなしでOK

結局1時間ちょっとで電池交換完了!

  • データは全て残ってました
  • 表面も裏面もカバーはそのまま返却されました
  • 60%以上あった電池残量が10%くらいになってたので確実に電池交換されてます
  • 低速化が気になったゲームアプリを起動したら…以前と同じ速度でサクサク動く!

保証期間切れる前に電池交換してよかった。

 

無料交換対象の方は、期間内に必ず電池交換しておきましょう!

 

 

-関連情報

Copyright© 格安SIMマスター , 2022 All Rights Reserved.