まとめ:mineoのバースト転送機能なら低速通信時でも最初だけ高速読み込み可能!

mineoのバースト機能(高速ブーストモード)の仕組みを徹底解説!

更新日:

他の格安SIMでは提供されていない独自の仕組み

  • 家族以外の友人とも余ったパケットを分け合える「パケットシェア」
  • 友人知人へパケットをプレゼントできる「パケットギフト」
  • 全国のmineoユーザーの間でパケットを譲りあう「フリータンク」
  • 他ユーザーのために平日昼間の利用を控えると特典がもらえる「ゆずるね」

が人気のmineo。シェアプランの充実度では格安SIMの中でもぶっちぎりのNo.1です。

通信速度の速さも人気で当編集部が東京都内・平日昼間(一番速度が遅くなる時間帯)で測定した通信速度でも

  • ドコモ回線:33.7Mbps
  • ソフトバンク回線:23.1Mbps
  • au回線:21.2Mbps

※iPhoneXS, 東京都内で2021年1月測定

高速で通信できることが確認されています。

 

また公式サイトの説明が親切で分かりやすい上に、mineoユーザーのコミュニティ「マイネ王」では分からないことを質問すれば詳しい人が親切に回答してくれることでも評判のmineo。

分からないことだらけの初めての格安SIMであればmineoを契約すべきと言われるほど、他の格安SIMよりもサポートがしっかりしています。

 

更に料金の安さでも格安SIMの中でも高評価で、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を選んで利用することもできるため、どの格安SIMにするか迷ったらmineoを選ぶ人が多いと言われています。

そんなmineoにはバースト転送機能が実装されているため、低速通信中でも通信の最初だけ高速通信と同じ通信速度で利用することができます!

今回はmineoのバースト転送機能について徹底解説していきます。

 

【期間限定】
●5G通信オプション無料(6ヶ月間)
●対象端末購入で2,000円分プレゼント
●応募者全員無料で2GBもらえる

mineo

 

 

高速通信と低速通信

mineoには「高速通信」と「低速通信」の2つの通信モードがあります。

 

高速通信モードでは(mineoで速度制限をかけずに)通常の速度で通信ができます(データ通信容量に応じて課金されます)

 

一方で低速通信モードは

  • 当月のデータ通信容量が契約しているデータ容量を超えた場合や
  • mineoスイッチで低速通信モードに設定した場合に

上限200kbpsに通信速度が制限された状態です。

 

画像が多いWebサイト・動画などの場合には200kbpsの通信速度では遅くて使い物にならないこともありますが、テキストがメインのサイトなどの場合には200kbpsでも問題なく利用することができます。

 

 

mineoスイッチで高速モードと低速モードを切り替えて節約しましょう!

高速通信と低速通信はmineoスイッチで切替できる!

mineo公式のスイッチアプリを利用することで

  • 高速通信ON
  • 高速通信OFF(低速通信)

を切り替えることができます。

  • iOS版のmineoスイッチはこちらから
  • Android版のmineoスイッチはこちらから

 

動画を見るとき・画像が多いWebサイトを見る時には「高速通信」、テキストメインのサイトを見る時には毎月のデータ容量を消費しない「低速通信」に切り替えることで、効率よく通信することができる仕組みです。

 

 

バースト転送機能とは?

バースト転送機能とは?

 

最初の読み込みが高速通信と同じ速度に!

mineoのバースト機能とは

  • 低速通信時
  • 通信し始めのタイミングで
  • 最初の75KBだけは高速通信と同じ速度で読み込む

機能のことです。

そのため75KB以下の容量のページを読み込む場合などでは高速通信と同じ感覚で利用することができます。

※mineo公式サイトによると75KBの読み込みにかかる時間は一瞬〜数秒(高速通信の速度による)とのことです

 

 

【朗報】バースト機能はページごと!

【朗報】バースト機能はページごと!

バースト機能は「通信し始めの最初の75KB」だけ高速になる機能ですが、この「通信し始め」の定義は、低速になったタイミングではなく、各通信処理の通信開始のタイミングになります。

つまり…

Webページを数ページ見る場合、ページを遷移するたびにバースト転送されます。

Twitterでタイムラインを読み込む、LINEでメッセージを受信・送信する、というように断続的に小容量の通信が生じるものであれば、その都度バースト転送がかかるため、非常に効果的です。

このような場合、高速通信と使い勝手は変わらず快適に利用できるにもかかわらず、設定は低速通信なので、データ容量を消費せずに通信できます。

 

逆に、動画のように常にパケットが流れ続けるコンテンツは、あまり恩恵を受けにくいです。

引用:mineo公式サイト

Twitter・LINEだけでも低速通信モードで(毎月のデータ容量を消費せずに)高速通信できるのはとっても助かります。

 

 

まとめ:mineoのバースト転送機能なら低速通信時でも最初だけ高速読み込み可能!

まとめ:mineoのバースト転送機能なら低速通信時でも最初だけ高速読み込み可能!

他の格安SIMでは提供されていない独自の仕組み

  • 家族以外の友人とも余ったパケットを分け合える「パケットシェア」
  • 友人知人へパケットをプレゼントできる「パケットギフト」
  • 全国のmineoユーザーの間でパケットを譲りあう「フリータンク」
  • 他ユーザーのために平日昼間の利用を控えると特典がもらえる「ゆずるね」

が人気のmineo。シェアプランの充実度では格安SIMの中でもぶっちぎりのNo.1です。

通信速度の速さも人気で当編集部が東京都内・平日昼間(一番速度が遅くなる時間帯)で測定した通信速度でも

  • ドコモ回線:33.7Mbps
  • ソフトバンク回線:23.1Mbps
  • au回線:21.2Mbps

※iPhoneXS, 東京都内で2021年1月測定

高速で通信できることが確認されています。

 

また公式サイトの説明が親切で分かりやすい上に、mineoユーザーのコミュニティ「マイネ王」では分からないことを質問すれば詳しい人が親切に回答してくれることでも評判のmineo。

分からないことだらけの初めての格安SIMであればmineoを契約すべきと言われるほど、他の格安SIMよりもサポートがしっかりしています。

 

更に料金の安さでも格安SIMの中でも高評価で、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を選んで利用することもできるため、どの格安SIMにするか迷ったらmineoを選ぶ人が多いと言われています。

そんなmineoでは低速通信中でもバースト機能で初速だけ高速通信することができます。

 

これからmineoを契約する方はお得に解約するためにも最新のキャンペーン情報を必ず確認しておきましょう。

【期間限定】
●5G通信オプション無料(6ヶ月間)
●対象端末購入で2,000円分プレゼント
●応募者全員無料で2GBもらえる

mineo

 

-mineo(マイネオ)

Copyright© 格安SIMマスター , 2021 All Rights Reserved.