【徹底比較】スマホ・iPhoneの買取・下取りの最高値は?新端末をお得に購入する秘訣とは?

【徹底比較】スマホ・iPhoneの買取・下取りの最高値は?新端末をお得に購入する秘訣とは?

更新日:

格安SIMマスター編集長が愛用していたiPhone7(ドコモ契約⇒SIMフリー化済)

ちょうど2年縛りが切れたので、iPhoneXSの新規購入に合わせてiPhone7を最高額で下取りしてもらう方法を調査しました!

 

また、同時に(編集長命令で)最新のiPhone(今回はiPhoneXS)を一番お得に購入する方法も調査しましたので合わせてご紹介していきます!

 

 

新しいスマホ・iPhoneを端末購入サポートで安く購入

2年縛り廃止前がチャンス!新しいスマホ・iPhoneを端末購入サポートで安く購入✨

分離プランで通信料金が安くなる?カラクリを徹底解説!

分離プランで通信料金が安くなる?カラクリを徹底解説!

引用:日経スタイル

携帯電話各社(3大キャリア)は分離プラン(端末販売と通信回線料金を完全に分離する)の考え方に基づいて、

  • 2年縛りや4年縛りのような期間拘束がある料金プラン
  • 端末購入を理由とした通信料金の割引

が2019年9月末をもって完全に廃止されました。

 

上の画像はドコモの報道発表資料を日経スタイルが引用した画像です。

こちらに記載されている通り、ドコモでは

  • 料金プランを2割〜4割値下げする
  • ユーザには年間で4,000億円の還元額になる

としています。

 

ここでドコモの最新の決算情報(2018年第2四半期決算資料から)を読み解いてみましょう。

  • 総契約者数:7,705万契約
  • モバイルARPU:4,390円(※ドコモ光の収入を除いたモバイル単独のARPU)

なので、単純計算すると

ドコモは7,705万回線の契約があり、1契約あたりの毎月の平均料金は4,390円

になります。

 

この平均料金(4,390円)を、

  • 2割引にすると ⇒ 毎月878円のお客様還元に
  • 4割引にすると ⇒ 毎月1,756円のお客様還元に

なります。

これは1ヶ月あたりの金額なので1年間の還元額にすると(12倍すると)

  • 2割引にすると ⇒ 年間10,536円のお客様還元に
  • 4割引にすると ⇒ 年間21,072円のお客様還元に

なります。年間だとかなりの還元額になって嬉しいですね ✨

 

さて、ドコモの契約回線数は7,705万回線なので、この額を7,705万倍すればドコモ全体での1年間のお客様還元額になります。

実際に計算してみると…

  • 2割引にすると ⇒ 年間8,118億円のお客様還元に
  • 4割引にすると ⇒ 年間1兆6,236億円のお客様還元に

なるはずです。最大4,000億円のお客様還元というドコモの発表よりもずっと大きい額になりますよね。

ここに今回ご紹介するカラクリがあります。

つまり差額にあたる年間4,000億〜1兆2,000億円は別のところから収入として生まれてこなければ計算があわないのです。

これだけの収入を毎年安定して生み出せるのは端末販売(スマホやタブレットの販売代金)しかありません。

 

ドコモのスマホ・タブレットの年間総販売台数は1,550万台(2017年度決算発表資料から)ですので、不足する4,000億〜1兆2,000億を端末販売代金で補うのであれば

  • 通信料金を2割下げた場合 ⇒ 1台あたり25,806円分
  • 通信料金を4割下げた場合 ⇒ 1台あたり51,613円分

端末代金を値上げしなくてはいけなくなります。そうしないとドコモが発表している4,000億円規模のお客様還元額に収まるはずがないからです。

 

決算発表で公表されている数値からざっくり計算した結果なので、詳しいことは4月末の2018年度末の決算発表の時期にならないと公表されないような気がしますが、

格安SIMマスター編集部では端末販売代金がぐっと上昇するのはほぼ間違いないと想定しています。

ただでさえ高いハイエンドの端末代金が数万円単位で上昇するなんて… 悩ましいですね。

 

 

通信料金が安くなる代わりにスマホ代金は高くなる!

大きく値段が上がる機種、変わらない機種(もしかしたら安くなる機種もあるかもしれません)が出てくる可能性もありますが、

iPhoneを含めた最新機種の端末代金は2万円〜6万円上昇する

と編集部では予想しています。

 

 

2年縛り廃止前に「端末サポート」でスマホを安く買うのがお得?

現在は2年縛りがつく代わりに毎月の通信料が安くなる端末購入サポートが導入されていますが、2年縛りが廃止された後は

  • 毎月の通信料は変わらない(もしくは更に2割〜4割下がる)
  • 端末代金が上がる

世界になることが予想されます。

となれば…

新しい端末を購入するなら今がチャンスということになります!

(あくまでも予想なので、自己責任で判断してくださいね)

 

一度キャリアショップに行ってみて「いま機種変更をするといくらで最新機種を購入できるのか?」を確認しておくといいと思います。

 

 

自分で機種変更できるならキャリアのオンラインショップがお得

さて、編集長命令でiPhoneXSをお得に契約するために、編集部で手分けをして価格調査を実施しました!

販売価格だけで比較をすると

  • Appleストアで購入(一番高い)
  • キャリアショップ(ドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップ)で端末購入サポートつきで購入する(最安)

となります。

ドコモユーザーの場合にはauやソフトバンクにMNP転出した方が料金が更に安くなるように設定されていましたが、安くするためには(悪評高い)4年縛りのフリをした無限縛りで契約する必要があることがわかりました。

そのため、

  • 現ドコモユーザー ⇒ ドコモで機種変更
  • 現auユーザー ⇒ auで機種変更
  • 現ソフトバンクユーザー ⇒ ソフトバンクで機種変更

するのが安全だと思います。※auとソフトバンクの4年縛り(無限縛り)にはよく注意しましょう

 

更に手続きする場所でも金額に違いがあることもわかりました!

具体的には

  • ショップ店頭で手続き
  • オンラインショップで手続き

するのを比較するとオンラインで手続きするだけで事務手数料分が無料になるのでお得です!

更に端末代金が5,000円安くなるケースもあります✨

 

スマホのことや料金のことがよくわからない場合にはショップ店頭で手続きをすることをオススメしますが、ある程度自分で判断できる場合にはオンラインショップを利用したほうがお得になるので積極的に利用しましょう!

 

 

ドコモオンラインショップ

 

 

 

スマホ・iPhoneの買取価格を徹底比較!

スマホ・iPhoneの買取価格を徹底比較!

キャリアショップの下取り価格を徹底比較!

まずはキャリアショップで下取りした時の価格を(iPhone7の例で)確認していきましょう。

 

ドコモのiPhone7下取り価格

ドコモのiPhone7下取り価格

ドコモでは容量・外箱や付属品の有無に関係なく一律で下取り価格が23,000円でした。

 

下取りしたい機種の最新の買取価格はこちら:
ドコモオンラインショップ(公式)

 

 

auのiPhone7下取り価格

auのiPhone7下取り価格

auでは下取り価格が23,760円とドコモより760円UPになっています。

 

下取りしたい機種の最新の買取価格はこちら:
auオンラインショップ(公式)

 

 

SoftbankのiPhone7下取り価格

SoftbankのiPhone7下取り価格

ソフトバンクの下取り価格は23,760円とauと同額で設定されています。

 

下取りしたい機種の最新の買取価格はこちら:
ソフトバンクオンラインショップ(公式)

 

Apple Storeの下取り価格は?

Apple Storeの下取り価格は?

デバイスの状態が全て良好な前提でもApple公式の買取額はキャリア3社よりも低いという結果になりました。

この結果から分かるとおりAppleで買取してもらうのが一番損になります。

 

 

ネット買取業者でスマホを下取りした時の相場は?

(表で結論をまとめる)

ネット買取なら最大手のイオシスがオススメ

ネット買取なら最大手のイオシスがオススメ

中古買取で一番有名な「イオシス」のネット買取の査定額は

28,200円〜37,000円

でした。

 

実際に端末を郵送して状態を確認してから最終的な買取金額が確定する流れになります。

SIMフリー化してあるだけで5,000円も下取り金額がUPするんですね!

(1年ほど利用していれば)キャリアのSIMロック解除はネットで無料でできるので、買取前に忘れずにSIMロック解除をしておくことをオススメします。

スマホ買取の見積もりはこちらから:
イオシス公式サイト

 

 

モバイルステーションもスマホのネット買取で人気!

モバイルステーションもスマホのネット買取で人気!

イオシスと並んでスマホのネット買取で人気があるモバイルステーション

こちらでもネットで買取の見積もりをかけました。その結果がこちら。

26,000円〜29,000

でした。

 

モバイルステーションでも実際に端末を郵送して状態を確認してから最終的な買取金額が確定する流れになりますが、今回の査定額からイオシスの方が高額になることが分かりました。

 

秋葉原のスマホ買取店舗で一番高額なiPhone下取り価格を出したのはイオシス買取センター

秋葉原のスマホ買取店舗で一番高額なiPhone下取り価格を出したのはイオシス買取センター

スマホ買取をしているショップの多い秋葉原。

実際に駅周辺を歩きながら色々なお店で査定してもらった結果…

(ネット買取でも有名な)イオシス秋葉原店が最高値の下取り価格を提示してくれました!

 

ネットでもリアル店舗でもイオシスの高額買取の評判は本当でした✨

 

イオシス買取センター(秋葉原店)の外観

イオシス買取センター(秋葉原店)の外観

入り口左側から入店してソファーで順番待ちをします。

土日はかなり人が並びますが、平日日中は空いてることが多いです。

 

イオシス買取センター(秋葉原店)の店内

イオシス買取センター(秋葉原店)の店内

ソファーに座りながら順番待ちをします。

平日だったので空ブースが多かったですが、土日に訪問した時には多くのブースで店員さんが買取査定をしていました。

 

イオシス買取センター(秋葉原店)なら、その場で現金で受け取れる!

イオシス買取センター(秋葉原店)なら、その場で現金で受け取れる!

買取査定額に納得した場合には

下取り金額全額を その場で 現金で受け取ることができるも嬉しいポイント。

 

編集長が使っていたiPhone7は

  • (表も裏もフィルムでカバーされてた+ケースに入れて持ち歩いていたので)ガラスにも本体にも傷一つなく
  • SIMロック解除済で
  • Appleの電池交換プログラムで電池を新しいのに交換していた
  • 付属品(イヤホン・USBケーブル・コンセント)も未使用

こともあったようで、満額買取してもらうことができました!

ただ…唯一の減点ポイントは

  • イヤホンをlightning端子に変換する部品(付属品の1つ)を紛失していたこと(-1,000円)

です。これがあれば37,500円までいけたのに残念です。

 

 

イオシスならSIMフリーで買取額5,000円UP

イオシスはSIMフリー化していると買取金額が5,000円UPするキャンペーンを実施しています。

キャリアで2年縛りで利用したiPhoneなら基本的に無料でSIMロック解除(SIMフリー化)できますので、まだSIMフリー化していない場合には買取前にSIMロック解除しておくようにしましょう。

また1度実店舗で査定をすると「次回の買取額500円UP」クーポンをもらえるので、

  • 1回目は査定するだけ
  • 2回目に買取してもらう

という形にすると(2度も訪問するのはめんどくさいですが)500円多い金額で下取りしてもらうことができます。

 

【結論】一番高額でスマホ・iPhoneを下取りしてもらえるのはイオシスだった

【結論】一番高額でスマホ・iPhoneを下取りしてもらえるのはイオシスだった

編集長のiPhone7(ドコモ⇒SIMロック解除済)でスマホ買取の比較を行った結果、

一番高額で買取をしてくれたのはイオシス(36,500円)でした。

 

 

iPhone7の買取価格の比較!最高額はイオシス

iPhone7の買取価格の比較!最高額はイオシス

都内でiPhone(スマホ)の下取りをする店舗は多くあります。

  • Appleストア
  • ドコモショップ
  • auショップ
  • ソフトバンクショップ
  • 中古スマホ買取店

を巡った結果、最高値で買取してくれたのがイオシスでした。

 

「使わなくなったスマホを少しでも高く売却したい!」

という場合にはイオシスで買取査定をするようにしましょう。

スマホ買取の見積もりはこちらから:
イオシス公式サイト

 

 

イオシスはネット買取でも金額は同じ!

今回は(たまたまですが)イオシスの

  • ネット査定
  • 実店舗査定

の両方を試してみましたが、同じ査定額となりました。(ネット査定では実機を見せていませんが、恐らく同じところ(実店舗)で査定するはずなので金額は同じになると思います)

そのため(秋葉原にふらっと行ける場合には実店舗を利用する方法もありますが)遠方の場合にはイオシスのネット買取査定を利用する方が楽です。

スマホ買取の見積もりはこちらから:
イオシス公式サイト

 

 

【まとめ】新しいスマホ・iPhoneは春までに購入するのがお得!そして中古スマホはイオシスで高価買取!

【まとめ】新しいスマホ・iPhoneは春までに購入するのがお得!そして中古スマホはイオシスで高価買取!

iPhoneやXperiaなどの高額なスマホを新品で購入する場合には、端末購入サポート(機種代金の一部を毎月の利用料からキャッシュバック)が利用できる2019年春までにキャリアショップで購入することをオススメします!

キャリアショップを利用する際には、実店舗よりもオンラインショップの方が安く購入できるケースがありますので、オンラインショップの価格を必ずチェックしておくようにしましょう。

 

▼ドコモの最新スマホ販売価格はこちら:
ドコモオンラインショップ(公式)

▼auの最新スマホ販売価格はこちら:
auオンラインショップ(公式)

▼ソフトバンクの最新スマホ販売価格はこちら:
ソフトバンクオンラインショップ(公式)

 

 

また古いスマホを売却する場合には1日でも早い方が高値で買取してもらうことができるのでお得です。

まずは高額買取で実績のあるイオシスのネット査定(概算)で買取価格の相場を確認しておきましょう。

スマホ買取の見積もりはこちらから:
イオシス公式サイト

 

 

 

 

-関連情報

Copyright© 格安SIMマスター , 2021 All Rights Reserved.