東京で速度調査!格安SIMを徹底比較(2021年11月版)

東京でオススメの格安SIMを比較・調査しました(2019年4月版)

更新日:

「いっぱいありすぎて、どの格安SIMにすればいいか分からない!」

「私にぴったりのオススメはどれ?」

(以前に大手通信会社で働いていた経験があるため)友人達からよく相談される内容です。

 

細かい条件は会社ごとに違うものの、実は格安SIMを選ぶ上で絶対に外してはいけないポイントは3つしかありません。具体的には

  • 月額料金
  • 通信エリアと通信速度(スピード)
  • 解約違約金の条件

の3つです。

 

今回は東京にお住まいの方に一番おすすめしたい格安SIMについて徹底解説します!

 

 

 

 

東京にお住まいの方へ:格安SIM各社の条件を徹底比較!

東京でオススメの格安SIMを比較・調査しました!(2017年8月版)

比較対象とした格安SIMは利用者から人気の11種類

  • mineo(Aプラン)〜au回線
  • mineo(Dプラン)〜docomo回線
  • mineo(Sプラン)〜softbank回線
  • IIJmio(タイプA)〜au回線
  • IIJmio(タイプD)〜docomo回線
  • BIGLOBEモバイル(タイプA)〜au回線
  • BIGLOBEモバイル(タイプD)〜docomo回線
  • Y!mobile 〜softbank回線
  • 楽天モバイル 〜docomo回線
  • LINEモバイル 〜docomo回線
  • イオンモバイル 〜docomo回線

です。

 

比較①:格安SIM各社の月額料金

比較①:格安SIM各社の月額料金

※画像をクリックすると拡大表示されます

 

データ通信のみ(SMSあり)の格安SIM各社の月額料金比較

データ通信のみの場合には(mineo(Aプラン)・IIJmio(TypeA)・楽天モバイルが安いケースが多いですが)料金の違いはほとんどありません。音声通話を余り利用しない場合には後でご紹介する別のポイント(速度・解約条件など)を基準に選ぶようにしましょう。

ただし音声通話つきのプランしか契約することができないY!mobileはデータ通信だけ利用したいユーザにとっては割高となることに注意が必要です。

 

 

音声通話あり(1ヶ月に60分間の通話を利用)の格安SIM各社の月額料金比較

データ容量によってLINEモバイル・Y!mobileは高額になるケースがありますが、それ以外のSIMであれば大きな違いはありません。

 

音声通話あり(1ヶ月に120分間の通話を利用)の格安SIM各社の月額料金比較

このパターンでも、データ容量によってLINEモバイル・Y!mobileは高額になるケースがありますが、それ以外のSIMであれば大きな違いはありません。

 

音声通話あり(1ヶ月に360分間の通話を利用)の格安SIM各社の月額料金比較

1回の通話時間が15分とした場合には

  • 楽天モバイル・LINEモバイル・Y!mobileは通話料金が高額に
  • 時間無制限かけ放題のイオンモバイルが最安値

なります。

最新キャンペーン情報は公式サイトから

イオンモバイル

 

 

比較②:格安SIM各社の通信速度

比較②:格安SIM各社の通信速度

2019年4月(平日の12時〜13時)に東京23区内(山手線圏内)で測定したデータです。

 

測定条件は

  • グラフの数値は下り速度
  • 測定回数は各10回(グラフには中間値を記載)
  • 測定端末はiPhoneXS(SIMフリー・iOS 12.1.4)
  • スピードテストはOkuraのアプリを使用

としました。

 

平日のお昼時間(1時間)限定ではありますが、

  • 1Mbps以下(ほとんど使えない速度):イオンモバイル・楽天モバイル・mineo(Aプラン)
  • 2Mbps以下(遅いもののぎりぎり利用できる):LINEモバイル(ドコモ回線)・mineo(Dプラン・Sプラン)・IIJmio(タイプD)
  • 2Mbps以上(ほとんどストレスを感じずに利用できる):IIJmio(タイプA)
  • 5Mbps以上(全く問題なくサクサク利用できる):Y!mobile・BIGLOBEモバイル(タイプA)

という結果になりました。

 

今月のポイントは

  • Y!mobileはドコモ本家についで18Mbpsの超高速記録更新中!
  • 格安SIM各社の平日昼間の通信速度は低下傾向が続く
  • サブブランド(Y!mobile)以外の格安SIMではBIGLOBEモバイル(タイプA)・IIJmio(タイプA)が最速
  • イオンモバイル・楽天モバイルは0.5Mbps以下の最下位争いが継続中

という結果になりました。

 

東京都内で 一番通信速度が遅くなる平日昼間の1時間でも通信速度が早い(=いつでもサクサクな)格安SIMは、

  • Y!mobile(今月も安定の18Mbps!)
  • BIGLOBEモバイル(タイプA)が6Mbps超✨
  • IIJmio(特にタイプAがオススメ✨)

の3社です。

 

【11月限定】
●新規契約で最大10,000円もらえる
 ※契約事務手数料も無料
 ※iPhone12, Xperiaも対象
●eSIMも対象✨
●家族割で2台目〜毎月1,188円OFF✨
データ増量オプション1年間無料✨

Y!mobile

【期間限定】
BIGLOBEモバイルお得なキャンペーン

●月額770円〜(1年間連続)
●人気端末セット購入で
 20,000円分キャッシュバック
●SIMだけでも3,000円分お得
動画・音楽の通信量無料&無制限✨
●セキュリティ対策2ヶ月間無料

BIGLOBEモバイルの特徴

【期間限定】キャンペーン実施中✨

  1. 初期費用1円
  2. 人気スマホが税込110円
  3. 対象スマホ購入で
    最大10,000円キャッシュバック
  4. 今なら+1GB/月(3ヶ月間)

 

 

 

比較③:格安SIM各社の解約金は?

各社によって解約金に含まれる金額が違う(定義が異なる)のですが、こちらでは大胆に

  • データ通信SIMの解約
  • 音声SIMの解約(MNPで番号を持ち出さない)
  • 音声SIMの解約(MNPで番号を持ち出す)

の3つのパターンで、(分割払いをしている端末料金などを除いて)発生する全ての金額を含めた解約違約金を調査しました。

また契約時にエントリーパッケージを利用できる場合には(エントリーパッケージを利用して初期費用を節約する人たちが多いと思いますので)エントリーパッケージを利用した場合の解約違約金を記載しています。

 

データ通信専用SIMの解約金比較

データ通信専用SIMの解約金比較

データ通信専用SIMを契約した際に注意すべきは楽天モバイルです。

エントリーパッケージを利用して契約した場合、楽天モバイルでは6ヶ月間以内の解約に違約金が発生します(※他社のSIMにはない独自条件)

そのため半年以内に解約する可能性がある場合には、

  • 楽天モバイル以外のSIMを契約する
  • エントリーパッケージを利用せずに楽天モバイルを契約する

ようにしましょう。

 

音声SIM(MNPで番号を持ち出さない場合)の解約金比較

音声SIM(MNPで番号を持ち出さない場合)の解約金比較

最も注意すべきなのは26ヶ月目以外の解約で違約金が発生するY!mobileです。※3大キャリアと同じような解約違約金のシステムです

具体的には

  • BIGLOBEモバイル・LINEモバイル:14ヶ月目から無料
  • 楽天モバイル:13ヶ月目から無料
  • IIJmio:13ヶ月目に無料。それまでは毎月徐々に解約違約金が低減される
  • イオンモバイル・mineo:契約月から解約違約金が無料(初月解約時には1ヶ月分の料金が発生)

となっています。実際に利用してみて満足できなければすぐに解約して他社に変更できることも格安SIMの魅力の1つですので、意外と盲点となっている解約条件についてもしっかり確認しておきましょう。

【期間限定】
●パケット放題Plus2ヶ月無料
●5G通信オプション月額料金6ヶ月間無料
●応募者全員無料で2GBもらえる
端末購入で最大2,000円分もらえる

mineo

最新キャンペーン情報は公式サイトから

イオンモバイル

 

 

音声SIM(MNPで番号を持ち出さない場合)の解約金比較

音声SIM(MNPで番号を持ち出さない場合)の解約金比較

一番複雑なのが音声SIMを「MNPを利用して電話番号を持ち出して」解約する場合です。

※できるだけ分かりやすく上図でまとめたのですが、それでも複雑ですよね (^_^;)

 

契約初月から見ていくと、

  • 契約6ヶ月目まで:どの格安SIMであっても高額の解約違約金が発生します
  • 7ヶ月目〜イオンモバイルなら7ヶ月目以降は一律3,240円(MNP手数料含む)で解約することができます
  • 13ヶ月目〜IIJmioの解約違約金が3,240円になります。この時期からmineoは2,160円楽天は3,240円に低減されます。
  • 14ヶ月目〜BIGLOBEモバイル・LINEモバイルの解約違約金が3,240円になります。
  • 25〜26ヶ月目のみY!mobileの解約違約金が3,240円になります ※ただし翌月からまた解約違約金が発生します(次に解約違約金が無料になるのは更に26ヶ月目)

という流れになります。

解約する際にも電話番号を引き継ぐ必要がある場合には、イオンモバイル(またはIIJmio・BIGLOBEモバイル・mineo・楽天モバイル・LINEモバイル)を契約するようにしましょう。

最新キャンペーン情報は公式サイトから

イオンモバイル

【期間限定】キャンペーン実施中✨

  1. 初期費用1円
  2. 人気スマホが税込110円
  3. 対象スマホ購入で
    最大10,000円キャッシュバック
  4. 今なら+1GB/月(3ヶ月間)

 

【期間限定】
BIGLOBEモバイルお得なキャンペーン

●月額770円〜(1年間連続)
●人気端末セット購入で
 20,000円分キャッシュバック
●SIMだけでも3,000円分お得
動画・音楽の通信量無料&無制限✨
●セキュリティ対策2ヶ月間無料

BIGLOBEモバイルの特徴

【期間限定】
●パケット放題Plus2ヶ月無料
●5G通信オプション月額料金6ヶ月間無料
●応募者全員無料で2GBもらえる
端末購入で最大2,000円分もらえる

mineo

【期間限定】
3ヶ月無料・無制限
初期費用無料
●人気端末が1円〜
●PocketWiFiが0円
●乗り換えで20,000ポイント
●対象端末購入で更に5,000ポイント

楽天ポイントが倍✨(SPU +1倍)

rakuten-mobile-unlimit

【期間限定】
データSIM容量2倍 (x12ヶ月)
 
申し込み前にしっかりと
公式サイトで詳細を確認しておきましょう!

LINEモバイル

 

 

【結論】東京都内で利用するならこの格安SIMがオススメ!

東京でオススメの格安SIMを比較・調査しました!(2017年8月版)

バランス重視!通信速度も料金もシェアプランも全て大事!

平日昼の通信速度も安定していて、格安SIM各社の中でも通信料金が安く、家族間でデータシェアもできて、解約条件もゆるいのがIIJmioです。

特にタイプA(au回線)の通信速度の速さは他社を圧倒しています!

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

【IIJmioの良いところ】

  • 特にau回線の通信速度が速い(タイプA:12.3Mbps)
  • 利用者の満足度が高い
  • 複数SIMでデータシェアできる
  • 他社よりも月額料金が安い
  • ドコモ回線・au回線を選べる

【IIJmioの残念なところ】

  • 平日昼間の1時間だけ通信速度が遅くなることがある

インターネット大手のIIJが提供するIIJmioは利用者の総合満足度の高さ格安SIMの中でも評判の格安SIMです。

IIJmioは通信速度も速く、1週間で一番通信速度が遅くなる平日昼間(12時〜13時)の1時間でも

  • au回線:12.3Mbps
  • docomo回線:3Mbps超

という通信速度の速さが人気です✨

ドコモ回線とau回線から選べるのもポイントで、IIJmioは格安SIMマスター編集部内でも一番人気の格安SIMです。

また複数SIMでデータシェアができる(ドコモ回線・au回線をまたいでもシェアOK!)ため、使いきれなかったパケットを複数の端末で(家族間でも)有効に活用できることも人気の秘訣です。

更に、格安SIMの中でも月額料金が安いこともオススメのポイントです。

 

今なら期間限定

  1. 初期費用1円
  2. 人気スマホが税込110円
  3. 対象スマホ購入で
    最大10,000円キャッシュバック
  4. 今なら+1GB/月(3ヶ月間)

という一大キャンペーンを実施中です!

特に人気機種の割引は在庫限りとなっていますのでキャンペーンの詳細をしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

使えなかったらすぐ解約したい!解約違約金なんて払いたくない!

音声SIMでも(MNPで番号を維持しないケースなら)契約月にいきなり解約しても解約金が一切かからないmineoがオススメです。

mineoなら全プラン共通で(一番通信速度が遅くなる平日昼間でも)1Mbps前後の高速通信をすることができます。

mineo

mineo

【mineoの良いところ】

  • ほとんどのプラン(ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線)で通信速度が速い
  • 毎月の料金が安い
  • サポートがしっかりしている
  • シェアプランの充実度No.1
  • ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線から選べる

【mineoの残念なところ】

  • 場所によっては平日昼間の1時間だけ通信速度が遅くなることがある

1週間で一番通信速度が遅くなる平日昼間の1時間でも

  • au回線:14.3Mbps
  • ソフトバンク回線:9.98Mbps
  • ドコモ回線:0.19Mbps

※iPhoneXS, 東京都内で2021年11月測定

ドコモ以外の回線で通信速度が速いことで人気のmineo

 

他の格安SIMでは提供されていない独自の仕組み

  • 家族以外の友人とも余ったパケットを分け合える「パケットシェア」
  • 友人知人へパケットをプレゼントできる「パケットギフト」
  • 全国のmineoユーザーの間でパケットを譲りあう「フリータンク」
  • 他ユーザーのために平日昼間の利用を控えると特典がもらえる「ゆずるね」

を提供するmineoはシェアプランの充実度で格安SIMの中でもぶっちぎりのNo.1です。

 

また公式サイトの説明が親切で分かりやすい上に、mineoユーザーのコミュニティ「マイネ王」では分からないことを質問すれば詳しい人が親切に回答してくれることでも評判のmineo。

分からないことだらけの初めての格安SIMであればmineoを契約すべきと言われるほど、他の格安SIMよりもサポートがしっかりしています。

 

更に料金の安さでも格安SIMの中でも高評価で、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を選んで利用することもできるため、どの格安SIMにするか迷ったらmineoを選ぶ人が多いと言われています。

 

いまなら期間限定で

  • パケット放題Plus月額料金3ヶ月間無料
  • 応募者全員無料で2GBもらえる
  • 端末購入で最大2,000円分もらえる

キャンペーンを実施中!

契約する前に公式サイトで詳細をしっかり確認しておくようにしましょう✨

 

 

通信速度と月額料金を重視!解約予定もない。

平日昼もそれ以外の時間帯も通信速度がとにかく早く、料金も安いのがY!mobile(ワイモバイル)です。

ただし25ヶ月目または26ヶ月目以外に解約すると高額の解約違約金が発生しますので注意しましょう。

【11月限定】
●新規契約で最大10,000円もらえる
 ※契約事務手数料も無料
 ※iPhone12, Xperiaも対象
●eSIMも対象✨
●家族割で2台目〜毎月1,188円OFF✨
データ増量オプション1年間無料✨

Y!mobile

 

 

 

-格安SIM比較

Copyright© 格安SIMマスター , 2021 All Rights Reserved.